NEWS News

第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館が金獅子賞受賞



  • 現地での受賞式の様子

  • 日本館会場

  • 8/2記者発表会時の「みんなの家」模型

現地時間で2012年8月29日11時に開幕した第13回ヴェネチア・ビエンナーレ。開幕と共に、本年度の各賞が発表され、日本館の展示「ここに、建築は、可能か」が、国別参加部門における金獅子賞を受賞した。

日本館のパヴィリオン賞(金獅子賞)受賞は、1996年の第6回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展(磯崎新コミッショナーによる作品「亀裂」)以来、二度目の快挙。

今回の日本館の展示は、「ここに、建築は、可能か」と題し、コミッショナーを務める伊東豊雄氏を筆頭に、乾久美子、藤本壮介、平田晃久、写真家の畠山直哉の各氏が参加、東日本大震災で被害を受けた陸前高田に被災者等が集まれる集会場「みんなの家」の建設を巡るドキュメントを会場に提示し、震災後の建築の可能性を問う内容となっている。

(1枚、2枚めの画像提供:国際交流基金 写真:畠山直哉)

第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館展示 「ここに、建築は、可能か」
http://www.kenchiku.co.jp/event/detail.php?id=3699
KENCHIKU>ブログ:伊東建築塾でのディスカッション(2012.8.5)
http://kenchiku-blog.blogspot.jp/2012/08/13.html