NEWS News

6月23日(金) 銀座ロフトが並木通りにオープン



  • 外観

  • インスタレーション

  • 3Dプリンターで制作されたテーブルと椅子

株式会社ロフトは創業30年目を迎える本年、次世代へ向けたフラッグシップストアとして、銀座2丁目並木通りに「銀座ロフト」をオープンする。

「銀座ロフト」は雑貨専門大店のフラッグシップストアとして、「モノ」「コト」「ヒト」の3三本柱で店舗づくりを推進。こだわりの雑貨を揃え、ただモノを選んで購入してもらうだけではなく、“実際に体験できる”、“イベントに参加できる”といったコトも楽しめる仕掛けを用意。そして新しい情報を発信し続けるヒトとして、各業界のスペシャリストが集まった新進気鋭の集団“TEAM LOFT”を結成。メンバーが注目するモノ、それを通して体験できるコトといった、雑貨の新たな魅力を発信していく。

本店舗のトータル・ディレクションは廣村正彰氏(廣村デザイン事務所/グラフィックデザイナー)、インテリアデザインは長坂常氏(スキーマ建築計画代表)が担当。環境コンセプトは「GINZA PROGRESS」。時代性を取り入れたデザインで、来店者が想像を膨らませる余地を残し、来店者が自ら「関わる」「発見する」「発信する」ことがプラスされることで、ロフトがより進化していく拠点となることを意味している。

店内は、各フロアを“回遊”しながら見て回ることができるように棚を配置し、来場者があきないよう工夫。また、朝・昼・晩と売り場の表情が変わるよう窓を残した作りとなっている。特に6Fは、窓際に棚を置かないことで、開放感の溢れるフロアに。「引き算」的でシンプルなデザインが、フロアがそれぞれに持つ特徴を際立たせている。

さらに、店内にはMoMAのアイテムを定期的に先行販売もする「MoMA Design Store Kiosk」や、インドネシアを拠点としたクリエイター・Sembilan Matahariによるインスタレーション、アムステルダムを拠点に活躍する建築家やデザイナーなどのチーム「DUS」がデザインした、3Dプリンターで製作されたテーブル什器や椅子が各フロアに登場するなど、デザイン的な見どころも満載だ。

23日(金)にはオープニングイベントも開催。
銀座・有楽町はもとより丸の内・日本橋のビジネスパーソンをコアターゲットとしながら、国内だけでなく世界中からの来店促進を目指す。

■銀座ロフト
所 在 地 :東京都中央区銀座2-4-6
     銀座ベルビア館3~6F
営業時間:11:00~21:00
http://www.loft.co.jp/lp/ginzaloft/