NEWS News

「第5回LIXIL国際大学建築コンペ」最優秀賞決定


公益財団法人LIXIL住生活財団は、次世代のサステナブル住宅の技術を模索・検証し、社会にその技術を発信することを目的に開催する「第5回LIXIL 国際大学建築コンペ」において、2015年4月21日(火)に千代田区にある経団連会館で行われた公開審査会にて、世界11カ国・12大学の中から最終審査に進出した上位3大学のプレゼンテーションを行い、最優秀賞にオスロ建築デザイン大学(ノルウェー)の「INVERTED HOUSE」を選出した。
審査会では、審査委員長の隈 研吾氏(建築家、東京大学教授)、審査委員の野城 智也氏(工学博士、東京大学副学長)、デイナ・バントロック氏(建築家、カルフォルニア大学バークレー校環境デザイン学部建築学科教授)によって白熱する議論が行われた。第5回となる今回は、「House for Enjoying the Harsh Cold─厳しい寒さを楽しむ家」をテーマに、冬の北海道大樹町において、美しい水や緑などの大樹町の環境を活用し、自然の寒さや煩わしさまでポジティブに楽しむことができる施設の提案をしてもらった。
最優秀賞に選ばれたオスロ建築デザイン大学の「INVERTED HOUSE」は、十字型に配置された壁によって作り出される4 つの空間が、季節によってその性格を変えていくというアイデアや、影の作り方、雪の積もり方まで考慮された自然現象に対する高い観察力、さらにチームの皆が個別にデザインした4 つの空間を、壁によって区切られた各スペースに配置していくという建築的なアプローチが成功を収めている点などが高く評価された。
今後、最優秀賞を受賞した「INVERTED HOUSE」は、隈研吾建築都市設計事務所のサポートのもと実施設計を行い、北海道大樹町「メム メドウズ」敷地内に2015年11月に竣工する予定。

《第5回LIXIL国際大学建築コンペ結果(※同賞内五十音順)》
◎最優秀作品(1作品)
オスロ建築デザイン大学(ノルウェー)
「INVERTED HOUSE」
◎優秀作品(2作品)
チュラロンコン大学(タイ)
「WEAR-HOUSE」
パリ・ラ・ヴィレット建築大学(フランス)
「PASSAGE THERMAL DELIGHT」

公益財団法人LIXIL住生活財団ホームページ
http://www.lixiljsfound.or.jp/
コンペ公式サイト
http://www.lixiljsfound.or.jp/category/1835715.html