2017年度 東京ビジネスデザインアワード 最優秀賞・優秀賞が決定
概要

東京都が主催し、日本デザイン振興会が企画・運営する「東京ビジネスデザインアワード」は2018年2月7日にデザイナーによる公開プレゼンテーション審査をおこない、テーマ賞8組の中から最優秀賞1組、優秀賞2組を決定、発表した。

審査委員会
(敬称略)

廣田 尚子(審査委員長)、金谷 勉、川田 誠一、澤田 且成、服部 滋樹、日高 一樹

主催

東京都

企画・運営

公益財団法人 日本デザイン振興会

詳細

https://www.tokyo-design.ne.jp/results/

最優秀賞 1点 ※敬称略
提案名:ユーザーが生地をカスタマイズできるパターンシート
テーマ:あらゆる生地素材にアイロン無しで貼れる「特殊転写技術」
受賞者:榊原美歩(プランナー)/ 株式会社GoodTheWhat
企業:株式会社扶桑( 葛飾区)
優秀賞 2点
提案名:プログラミング思考×パズル。未来を広げる知育玩具。
テーマ:高品質・高技術の純国産「ジグソーパズル製造技術」
受賞者:松岡湧紀、青井正仁、榛葉幸哉、西畠勇氣(クリエーティブチーム)/ 電通アイソバー株式会社
企業:株式会社やのまん(台東区)

提案名:新しい機能性を持たせた「光る発泡スチロール」
テーマ:98%の空気でつくる機能性エコ素材「発泡スチロール成形技術」
受賞者:榎本大輔、横山織恵(デザイナー)/ hitoe
企業:株式会社石山(墨田区)
テーマ賞 6点
提案名:薄い、曲がる無機ELシートを応用した照明器具
受賞者:米田浩介(デザイナー)

提案名:アウトドアや防災で役立つペーパープロダクトの提案
受賞者:小林紅葉、大口二郎(学生、講師)/ 専門学校名古屋デザイナー学院、株式会社コボ

提案名:反射材への特殊プリント技術によるフォトジェニックな雨具
受賞者:塚本日向子、加藤美咲、大倉千鶴、菊地創(CMF・グラフィックデザイナー)/ 株式会社GKダイナミックス

提案名:“バナナペーパー”製品を通じて、生産者と消費者を幸せの連鎖で繋ぐプラットフォーム
受賞者:河井健之助、小長谷久子(サービスデザイナー、インタラクティブデザイナー)

提案名:ツキ板への印刷加工技術を活かしたプロダクトブランドの提案
受賞者:坂本浩気(デザイナー)