⽇本建築学会 ⻄洋建築史⼩委員会 ⻄洋建築史の諸問題 ラウンドテーブル 第 2 回
後藤武『アナトール・ド・ボドーのシマン・アルメ建築生成に関する研究』を読む
趣旨

西洋建築史小委員会ラウンドテーブル第2回は後藤武『アナトール・ド・ボドーのシマン・アルメ建築生成に関する研究』(2018年度東京大学大学院学位請求論文)をとりあげます。
本論文は19世紀フランスにおけるネオ・ゴシックの流れのなかでゴシック建築、ロマネスク建築、ビザンティン建築、古代ローマ建築の遡行的再解釈を通して、近代建築構法としての鉄筋コンクリート建築が生成する過程を論じた研究です。
建築における考古学的探求とモデルニテという一見すると対立する2つの要素は19世紀においてどのような関係にあったのか。
モデルニテの歴史構造とは、いかなるものだったのか。
後藤武氏による本研究とその歴史的構想についての講演3人のクリティークによる批評的読解を起点として本研究に連なる歴史的な射程を検討します。みなさまのご参加をお待ちしております。

日時

2019年1月12日(土)15:00~17:30

会場

建築会館 会議室(東京都港区芝5-26-20)

アクセス

https://www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm

定員

50名(事前申込不要)
※会員以外も参加できます。

スケジュール

司会:戸田穣(金沢工業大学)
15:00~16:30
基調講演 後藤武(㈱後藤武建築設計事務所)
報告1  加藤耕一(東京大学)
報告2  三宅理一(東京理科大学)
報告3  木村智(京都大学)
16:40~17:30
著者後藤武氏との議論

問合せ

日本建築学会 西洋建築史小委会 西洋建築史の諸問題WG(戸田穣 todajo@neptune.kanazawa-it.ac.jp)

詳細PDF

https://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/11/evt20181120-2.pdf