gallery IHA 2018年秋-2レクチャーシリーズ
『新しい知の設計と実装にむけて』
企画趣旨

建築を知の設計と実装の技術として捉え、その新しい実践を考えたい。ここでは物理環境と社会環境と情報環境とを架橋しており、自然言語と機械言語を架橋しており、自然知能と人工知能を架橋しようとしている方々に集まって頂き、建築の新しい可能性を考えたい。(藤村龍至)

日時・登壇者
(敬称略)
第1回
2018年11月9日(金)19:00~21:00
秋吉浩気「デジタル・ファブリケーションの実務への応用について」
第2回
2018年11月24日(土)18:00~20:00
木内俊克「公共空間と情報の所在について」
第3回
2018年12月8日(土)18:00~20:00
堀川淳一郎「プログラミングを介した造形」
第4回
2018年12月22日(土)18:00~20:00
津川恵理「不動の建築で動をつくる」

*全回コメンテーター:砂山太一

会場・問合せ

gallery IHA 1F Lecture room(東京都文京区湯島1-9-7)

アクセス

https://galleryiha.wixsite.com/galleryiha/access

参加費

1000円 (予約制 )※ NPO「建築とアートの道場」会員の方は、参加費無料です。​

申込方法

下記ホームページの予約フォームよりお申し込みください。

詳細

https://galleryiha.wixsite.com/galleryiha/ivent-27