宮脇 檀 手で教える
教育者・宮脇檀へのオマージュ展
概要

1991年、日本大学生産工学部建築工学科に、住宅設計と住環境を中心とした建築教育を行う「居住空間デザインコース」が開設され、その初代塾長に宮脇檀先生が就任しました。宮脇先生が亡くなられて20年経った現在も、「眼を養い、手を練れ」を主軸とした教育理念は、その後着任した先生方や学生達に受け継がれています。
そこで本展では、教育者としての宮脇先生が「手で教えた」実績を見つめ直し、これからの建築教育・設計教育について、展示物やシンポジウムなどを通して皆さんと一緒に考えたいと思います。

日時

2018年9月29日(土)~10月21日(日)※10月4日(木)創立記念日休館
平日 12時~18時、土・日 14時~18時

会場

日本大学生産工学部 39号館1階ギャラリー
(千葉県習志野市泉町 1-2-1)

アクセス

http://www.cit.nihon-u.ac.jp/access

入場料

無料

関連情報
(敬称略)

<協賛特別展示>
「宮脇檀ノ本」日本大学生産工学部図書館 (1973年・設計:大髙正人)
企画展示:9月29日(土)~10月31日(水)※日曜は閉館

<トークイベント>
「教育者としての宮脇檀を語る」
日時:平成30年10月20日(土)午後3~5時
場所:日本大学生産工学部津田沼校舎 39号館6階スプリングホール
登壇者:曽根陽子・中山繁信・木下庸子
司会:中村好文

主催

日本大学生産工学部建築工学科

詳細

http://www.arch.cit.nihon-u.ac.jp/news/2018/09/10/001465.html