窓学10周年記念 窓学展「窓から見える世界」巡回展 @九州大学
概要

研究者・建築家とともに窓をアカデミックに調査・研究する「窓学」。様々な蓄積を経て今あえてゆるやかに定義するならば、“窓”とは「私たちの日常に寄り添い、暮らしに楽しみをもたらすもの」といえるでしょう。
本展はこうした“窓”をめぐる知性や感性を、世界共通の文化として俯瞰し、その魅力に新たなまなざしを向ける展覧会です。

会期

2018年10月2日(火)~10月19日(金)11:00~18:00

休館日

10月8日(月・祝)、13日(土)、14日(日)

会場

九州大学芸術工学部 デザインコモン〈大橋キャンパス〉
(福岡市南区塩原4-9-1)

アクセス

http://www.design.kyushu-u.ac.jp/kyushu-u/access

入場料

無料

展示内容
(敬称略)

YKK AP窓研究所が大学および研究機関の計8名の研究者と共に10年間取り組んできた7つの「窓学」の研究成果を展示
「窓の漫画学」五十嵐太郎(東北大学)
「窓の環境制御学」小玉祐一郎(神戸芸術工科大学・エステック計画研究所)
「窓の民族学」佐藤浩司(国立民族学博物館)
「窓の仕事学」塚本由晴(東京工業大学)
「窓の記録学」中谷礼仁(早稲田大学)
「窓のものがたり学」原広司(原広司+アトリエ・ファイ建築研究所)
「窓の進化系統学」村松伸+六角美瑠(東京大学)

関連情報

窓学トークイベント
「世界の建築史における窓と、窓学10年の歩み」
日 時:2018年10月19日(金)18:00~(開場 17:30~)
会 場:九州大学芸術工学部 デザインコモン〈大橋キャンパス〉
登壇者:五十嵐太郎(「窓学」総合監修/「窓学展」展示ディレクター/東北大学教授)
    土居義岳(九州大学大学院芸術工学研究院教授)
モデレーター:鵜飼哲矢(九州大学大学院芸術工学研究院准教授)
入場料:無料(予約不要・一般入場可)

主催

YKK AP株式会社

共催

九州大学芸術工学研究院(芸術工学50周年記念事業関連行事)

問合せ

九州大学芸術工学研究院 鵜飼研究室
E-mail:ukai@design.kyushu-u.ac.jp

詳細

http://madogaku.madoken.jp/exhibition/#section_traveling_exhibitions