ゴードン・マッタ=クラーク展
概要

1970年代にニューヨークを中心に活躍し、35歳で夭折したアーティスト、ゴードン・マッタ=クラーク(1943-78)。アート、建築、ストリートカルチャー、食など多くの分野でフォロワーを生み続ける先駆者の、アジア初回顧展です。

会期

2018年6月19日(火)~2018年9月17日(月・祝)

会場

東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー
(〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1 )

開館時間

10:00-17:00(金・土曜は10:00-21:00)
*入館は閉館30分前まで、休館日:月曜(9/17は開館)

観覧料

一般1,200(900)円 大学生800(500)円
*()内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。

※リピーター割引
本展使用済み入場券をお持ちいただくと、2回目以降は特別料金 (一般 500円、大学生 250円)でご覧いただけます。

同時開催

【ギャラリートーク・シンポジウム】
※申込不要・参加無料・要観覧券

第5回延期日程:8月17日(金)18:30~
※ゲスト 荏開津広(DJ/ライター/京都精華大学非常勤講師)、snipe 1(グラフィティ・ライター)、柴原聡子(編集者)

第7回:8月18日(土)16:00~
※ゲスト 山内裕太(株式会社 東京スタデオ、本展会場施工担当)

第8回:9月1日(土)16:00~
※ゲスト 森大志郎(デザイナー、本展印刷物デザイン担当)、上崎千(芸術学)

主催

東京国立近代美術館

助成

テラ・アメリカ美術基金

後援

駐日アメリカ合衆国大使館

協力

全日本空輸株式会社、日本貨物航空株式会社、株式会社ビームス

企画協力

ゴードン・マッタ=クラーク財団、デイヴィッド・ツヴィルナー

MOMAT支援サークル

木下グループ、ラグジュアリーカード、三菱商事株式会社、大日本印刷株式会社、アバントグループ

詳細

http://www.momat.go.jp/am/exhibition/gmc/