造形遺産044-053
概要

KYOTO Desaign Labは、京都工芸繊維大学の建築学生が取り組んだ設計課題の成果を「造形遺産001-025」「造形遺産026-035」「造形遺産036-043」に引き続き「造形遺産044-053」としてご紹介します。
日本にはさまざまな理由で未完成となり、そのままの姿で時代から置き去りにされた道路やダム、高架橋、トンネル、擁壁、土手、掘削跡などが数多く存在しています。私たちはこれらの対象を「造形遺産」と呼び、その未来として完成でも取り壊しでもない第3の可能性を考えました。建築設計やランドスケープデザインのスキルを生かし、当初の目的に捉われずに造形遺産を有効活用するアイデアを提案します。

会期

2018年8月31日(金)~10月7日(日)

会場

KYOTO Design Lab 東京ギャラリー
(東京都千代田区外神田6丁目11-14 アーツ千代田3331 203号室)

アクセス

http://www.3331.jp/access/

開廊

12:00~19:00

閉廊

月曜日、火曜日

入場料

無料

関連イベント

ギャラリートーク
日時:2018年8月31日(金)18:00~20:00
会場:KYOTO Design Lab 東京ギャラリー
ゲスト:関口勇(三才ブックス ワンダーJAPAN 編集長)
モデレーター:長坂大 教授+角田暁治 准教授+木下昌大 助教(京都工芸繊維大学)

主催

京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab、京都工芸繊維大学 長坂・角田・木下研究室

協賛

総合資格学院

詳細

http://www.d-lab.kit.ac.jp/events/2018/formative-heritage-044-053/