第12回 世界ポスタートリエンナーレトヤマ2018
概要

世界ポスタートリエンナーレトヤマ(IPT)は、世界から最新のポスターを公募し、審査・選抜する、日本で唯一の国際公募展です。1985年の創設以来、3年に1度のトリエンナーレ方式で開催し、富山県美術館に移転後初めて開催される今回は、世界47の国と地域より、総計3,239点のポスターが寄せられました。また、今回はじめて30才以下の応募者を対象としたU30部門を設け、募集テーマ『Beyond』に441点の応募がありました。
本展では、全応募作品から選ばれた入選・受賞作品に、実行委員・審査員による招待作品を加えた約400点により、世界の最先端をゆくポスターデザインを紹介します。

会期

2018年8月11日(祝・土)~10月8日(祝・月)

開館時間

9:30〜18:00(入館は17:30まで)

休館日

水曜日(ただし、8月15日、10月3日は臨時開館)、9月18日(火)

会場・問合せ

富山県美術館 2階 展示室2、3、4(富山県富山市木場町3-20)
TEL 076-431-2711 FAX 076-431-2712

アクセス

http://tad-toyama.jp/visitor/access

観覧料

一般:1,100円(850円)、大学生:550円(420円)、一般前売り:850円
※( )内は20名以上の団体料金

主催

富山県美術館

後援

公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)、東京アートディレクターズクラブ(TOKYO ADC)、
東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)、東京タイプディレクターズクラブ(Tokyo TDC)、
「ポスターの街・とやま」実行委員会

協力

YKK株式会社

詳細

http://tad-toyama.jp/exhibition-event/4764