JIA建築セミナー2018 Making Architecture Together─環境と人間
概要

建築は環境と人間をつなぐものです。
人間を取り巻いている環境は、組織、社会、地球という共同体であるなら、建築を考えると同時に、常に人間の周りを取り囲む自然環境や共同体のあり方も考えていきたいと思っています。そのためには、連続的な視点の移動が必要です。
すなわち外側から内側を俯瞰することが大切だと思っています。自然を見るには地球という視点から、私を見るには組織から自分を見つめ、組織を見るには社会から、社会を見るには世界を俯瞰することが必要です。視点を変えるにはどうすれば良いでしょうか。それは自ら積極的に共同体を脱出し、自分が異邦人となりつつ、他者を共同体に取り入れることが考えられます。
そこで起きる感情とはストレスでもあり、楽しさでもあります。人類の圧倒的クリエイションである進化は、そのような「ワクワクドキドキ」によって、新しい環境を構築してきた人類の歴史でもあります。
今年度の建築セミナーは、過去と現在と未来を通して、環境と人間を考えたいと思います。一年を通した他者との対話、視点の変化は、既存の共同体を俯瞰する視点の獲得であり、魅力的な環境をつくる最良の方法となるでしょう。
Making Architecture Together 共に建築を作りましょう。

日程

2018年7月3日─2019年3月(予定)

会場

JIA館〈原則〉(東京都渋谷区神宮前2-3-18)

アクセス

http://www.jia.or.jp/map.html

定員

40名

受講資格

当セミナーに興味のある方、若手設計者 ほか

受講料

一括払い:140,000円(分納、ご相談承ります)

プログラム

[開講]Making Architecture Together

[PROJECT 1]夏休み!藤野、行こう─アートの町が、持続可能な今どきの町に

[PROJECT 2]設計者と話題の新建築を巡る

[PROJECT 3]日本の名数寄屋建築に迫る。使える茶室の作り方

[PROJECT 4]NEXT LANDSCAPE

[PROJECT 5]昭和の名建築を維持するために

[PROJECT 6]新たな世界を切り開く学びの場

[PROJECT 7]まもなく半世紀、建築家はいま。1970年代から現在と未来を考える

[PROJECT 8]あたらしい認識とモノの関係

[PROJECT 9]ラグジュアリーなホテルを造るためには

申込方法

受講希望者は氏名・住所・連絡先(TEL/FAX/E-mail)を明記し、事務局までFAXか、郵送にてお申込下さい。追って、ご連絡いたします。
なお、都合により変更になる講座もありますので、予めご承知置き下さい。

申込み・問合せ

公益社団法人 日本建築家協会関東甲信越支部JIA建築セミナー事務局
TEL:03-3408-8291 FAX:03-3408-8294

実行委員
(敬称略)

[実行委員長]小堀哲夫

[実行委員]いしまるあきこ、今村水紀、大林敬幸、奥村俊慈、勝矢武之、
      須川真紀子、塚田修大、早川慶太、前田道雄、三浦洋介

主催

公益社団 法人日本建築家協会関東甲信越支部

企画運営

公益社団法人 日本建築家協会関東甲信越支部JIA建築セミナー実行委員会
JIA建築セミナー事務局(担当:佐藤由巳子)

詳細

http://www.jia-kanto.org/kanto/wp/wp-content/uploads/2018/06/JIA_seminar2018-180606web.pdf