建築倉庫ミュージアムが選ぶ30代建築家 –世代と社会 が生み出す建築的地層−
概要

「建築倉庫ミュージアムが選ぶ30代建築家展 –世代と社会が生み出す建築的地層−」では、今の社会における建築の在り方を、模型を通して模索やチャレンジをする5組の30代建築家による作品を取り上げ、建築倉庫ミュージアムで常時保管している模型とともに展示・紹介いたします。
本展の様子は建築倉庫ミュージアムのウェブサイトやSNS、YouTubeでも4月上旬からご紹介いたします。

会期

2018年4月10日(火)〜7月16日(月)

会場

建築倉庫ミュージアム 展示室B
(東京都品川区東品川2-6-10)

アクセス

https://archi-depot.com/visit

開館時間

火〜日 11時〜19時(最終入館18 時)
月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)

入場料

一般 3,000円、大学生/専門学校生 2,000円、高校生以下 1,000円

会期中、「ル・コルビュジエ / チャンディガール展 –創造とコンテクスト-」と「建築倉庫ミュージアムが選ぶ30代建築家 –世代と社会 が生み出す建築的地層−」は入場券共通。

展示内容

岩元真明+千種成顕「節穴の家」
齋藤隆太郎 「対行政住宅」
酒井亮憲「菓匠寿紗」
藤井亮介「みつわクリニック」
三井嶺「日本橋旧テーラー掘屋」 など

詳細

https://archi-depot.com/exhibition/建築倉庫ミュージアムが選ぶ30代建築家