「第2回 日本財団みらいの福祉施設建築プロジェクト」<設計デザイン案登録>
はじめに

日本財団は「みんなが、みんなを支える社会」をめざし、ソーシャルイノベーションの輪を広げるためのハブとして、国内外の公益事業を推進しているさまざまな団体の活動を支援しています。この度、地域に開かれた魅力ある社会福祉施設・事業所の新築・増築・改修・改造等の建築事業の助成金募集を、建築デザイン提案を包摂した形式で実施することとしました。

わが国における社会福祉制度は1960年代までに社会福祉六法(生活保護法、児童福祉法、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、老人福祉法、母子および寡婦福祉法)に基づき、整備が進められてきました。しかし、飛躍的な経済成長は急激な社会構造の変化を引き起こし、地域社会における「自助・自立」を基本とした社会福祉制度の確立を困難にしました。その結果、社会福祉は地域社会から独立した施設におけるサービスが求められるようになり、多くの社会福祉施設が設置されるようになりました。日本財団は、こうした社会のニーズに対応するべく、40年以上にわたり、数多くの社会福祉施設の建築助成を行ってきました。

近年、少子高齢化や多様性の尊重、コミュニティの希薄化といった社会背景の変化に伴い、社会福祉施設は多機能化や地域貢献への動きが活発となり、地域福祉を担う拠点としての役割が求められています。社会福祉施設が、地域社会に開かれた魅力ある場所として認知され、まちづくりの核となっていくためには、建築デザインが重要な要素となってきます。デザインは環境をつくり、環境はサービスやケアと密接に結びついているからです。

第2回「日本財団みらいの福祉施設建築プロジェクト」は、地域社会に貢献し、地域社会から愛され、地域福祉の拠点となる社会福祉施設をめざして、事業実施団体と設計者の協働による建築デザイン提案を含む建築関連助成事業を募集するものです。

現在は「地域福祉の時代」といわれるようになりました。「地域福祉」とは、それぞれの地域社会において人びとが自立して、主体的な選択のもとに生活できるように、地域住民や社会福祉関係者がお互いに協力しあいながら、地域の課題解決に取り組むという考え方です。
本募集で決定された建築事業の実施により、社会福祉施設が地域社会と住民に開かれた魅力ある施設として認知され、施設に対する地域社会全体の理解がさらに深まることを期待しています。
 

  • 募集要項の詳細は、必ずプロジェクト公式サイトをご確認ください。
    事業実施団体と設計者の協働による募集になります。
公式サイト

https://fukushi-kenchiku.jp/ 

募集期間

2022年6月1日(水)11:00 ~ 2022年9月13日(火)17:00

審査委員
(敬称略、五十音順)
委員長:
坂 茂(建築家/坂茂建築設計)
委 員:
市原 美穂(認定NPO法人ホームホスピス宮崎 理事長)
栃澤 麻利(建築家/SALHAUS)
橋本 達昌(社会福祉法人越前自立支援協会 児童養護施設一陽 統括所長)
藤原 徹平(建築家/フジワラテッペイアーキテクツラボ)
前田 晃(日本財団 専務理事)
山内 民興(社会福祉法人ぷろぼの 理事長)
設計者参加資格
  1. 建築士法(昭和25年法律第202号)第23条第1項の規定による登録を受けた一 級建築士事務所であること。
  2. 建築士法 (昭和25年法律第202号) 第26条第2項による事務所の閉鎖命令を受けていないこと。
  3. 法人税(個人事業主の場合は所得税)、消費税、地方消費税、都道府県民税、市区町村税を滞納してないこと。
  4. 建築士法第2条に規定する一級建築士を、管理技術者として設計業務に配置することができること。
  5. JVの構成は可能とします。
制限等
  1. 連名による設計デザイン案提出はできません(統括責任者は一人とします)。
  2. 下記に掲げるものは参加することができません。
    • 審査委員およびその親族
    • 審査委員およびその親族が主宰、役員、顧問として所属している組織に属する者
    • 審査委員が大学に所属する場合において、その審査委員の研究室に現に所属する者
    • 主催者および事務局関係者

事業実施団体への助成の決定(目安:10事業)および表彰
※順位付けはいたしません。

提出書類

(1)設計デザイン案

  • 登録は設計者が行いますが、設計案作成にあたってのコンセプトや内部空間の説明においては、設計者と団体との共同作業によって作成してください。

下記の(ア)~(ウ)までの内容をA2サイズ(420mmx594mm)1枚に表現してPDFデータでご提出ください。表現方法は自由、用紙は横使いとします。図案の種類の指定はありませんが、空間構成、ゾーニングや動線の組立て、形や利用についてのイメージが判るように表現してください。
(ア)設計コンセプト(説明図、概念図等も適宜使用可)
(イ)図面(平面図・立面図・断面図・配置図、外構計画等。縮尺は自由)
(ウ)主要な内観、外観および外構計画イメージ図(縮尺は自由)
 
<注意点>

  • 設計者の住所・氏名・暗号等を一切記入しないでください。事業実施団体が判明する情報は記載してもかまいません。
  • 使用言語は日本語とします。
  • 設計デザイン案の提出は、事業実施団体による申請1事業につき1案です。
  • 設計デザイン案の提出後は、内容の追加・修正を認めません。また、規定以外の資料等が提出されてもその資料等は審査の対象としません。

 
(2)間取り図
上記(1)の設計デザイン案と別途、間取り図を作成してください。A3サイズ1枚におさめ、PDFデータでご提出ください。また、データは白黒としてください。

  • 細かな寸法や設備記号等の詳細情報は必要ございません。

 
(3)建築工事および設計に関する費用の見積書
事業実施団体への助成が決定となる場合は助成金額の参考資料となるため、可能な限り現実的な金額を算出してください。 こちらは事業実施団体がGoogleフォームから提出する資料に含まれます。

  • 設計の精度や社会情勢により当初の工事見積金額から上振れする可能性がある場合、プレゼンテーション参加者に限り金額の修正(=設計者による見積の修正)を可能とします。

 
 
【(1)および(2)の提出手順】

  • 株式会社建報社が運営する「KENCHIKU」サイト会員登録が必要になります。
    <KENCHIKU 会員登録が済んでいない方>⇒①へ
    <KENCHIKU 会員登録されている方>⇒②へ

① KENCHIKU 会員登録
下記URLよりKENCHIKU会員登録をしてください。
URL: https://kenchiku.co.jp/login/toroku.php

② 「第2回 日本財団みらいの福祉施設建築プロジェクト」の応募登録
下記より応募登録をしてください。応募登録が完了すると、登録番号が記載された「応募受付完了メール」が自動送信されます。

③ 「第2回 日本財団みらいの福祉施設建築プロジェクト」の設計デザイン案登録
下記URLよりKENCHIKU会員ページへログインし、マイページに表示される「第2回 日本財団みらいの福祉施設建築プロジェクト」アイコン上の「作品登録」という文字をクリックし、設計デザイン案を登録してください。 作品登録が完了すると「作品登録受付完了メール」が自動送信されます。
URL: https://kenchiku.co.jp/mypage/login/
(※ID・パスワードは KENCHIKU 会員登録をされたときのID・パスワードをご利用ください。)

スケジュール

●一次審査
募集締切後~2022年10月上旬……建築分野委員により、ご申請事業のなかから約100事業を選定します。

● 一次審査結果通知
2022月10月下旬……日本財団よりご連絡します。

●二次審査
2022年11月中旬……一次審査を通過した約100事業について、日本財団および福祉分野委員による書類審査を行い、審査委員会を経て約20事業を選定します。日本財団担当者から電話やメール等でヒアリングをさせていただく場合があります。

●二次審査結果通知
2022年11月下旬~12月上旬……二次審査を通過した約20事業の事業実施団体および設計者により、日本財団会議室でプレゼンテーションを行っていただきます。

  1. プレゼンテーションと審査委員による質疑応答は後日公開(オンライン)とし、審査は非公開とします。
  2. プレゼンテーションは質疑を含め、1提案30分程度を予定します。出席は必須とします。
  3. プレゼンテーションの要項は後日お知らせします。また、新型コロナウィルスの影響により開催方式は変更となる場合があります。
  4. プレゼンテーション会場までの交通費は各自負担とします。

●最終審査の結果通知・発表・表彰式
2023年3月~4月上旬

※上記は進行状況により変更となる場合があります。

費用負担について

本募集の申請に関わる費用は事業実施団体および設計者の負担とします。

著作権
  1. 提出された設計デザイン案の著作権は、提出した設計者に帰属するものとします。
  2. 主催者は、本募集で助成決定した設計デザイン案を展示、出版、広告、ホームページへの掲載、その他の広報活動に使用する優先的権利を有するものとし、この場合の使用料は無償とします。
失格事項

(1)登録ページ未登録者が資料を提出した場合。
(2)資格を有しないにもかかわらず設計デザイン案や資料を提出した場合。
(3)設計デザイン案や提出資料に虚偽の記載がある場合。
(4)設計デザイン案や提出資料の作成方法、提出方法および提出期限を守らない場合。
(5)設計デザイン案が定められた仕様に違反している場合。
(6)他者の作品を盗用した疑いがあると審査委員会が認めた場合。
(7)審査委員またはその関係者に対し本募集に関する不正な接触または要求をした場合。
(8)設計デザイン案が第三者の著作権、意匠権等を侵害している場合。
(9)募集及び審査期間中に建築設計の指名停止となった場合、若しくは参加資格を失った場合。
(10)審査委員会が不適格と認めた場合。

個人情報の取り扱い

日本財団が本募集に際して収集した個人情報は、日本財団の個人情報保護方針に基づき、助成事業に関する事務手続き、助成金の募集案内、日本財団に関連するイベント案内、アンケートの実施、各種お知らせの目的に利用します。

説明会・
関連イベント

【本プロジェクトの説明会(ウェビナー)】
A. 2022年6月14日 (火)10:00〜11:00
B. 2022年6月24日 (金)13:00〜14:00

  • プロジェクトの詳細や募集に関するご案内、質疑応答などを予定しています。昨年は定員(500名)を大きく上回るお申し込みをいただきました。定員に達した時点で締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。ABいずれも同じ内容です。

 
【連携イベント「福祉と建築」】
・2022年6月22日 (水)オンラインワークショップ
・2022年7月2日 (土)第3回福祉と建築(大規模イベント)@アーツ千代田3331
・2022年7月9日 (土)オンライン交流会

  • 講演やトークセッション、模型展示などを行う大規模イベント、建築家と福祉事業者によるオンラインワークショップや交流会を開催します。
主催者

公益財団法人日本財団

事務局・問合せ

「日本財団みらいの福祉施設建築プロジェクト」事務局 (株式会社建報社 内)
Email:nfp@kenchiku.co.jp

【助成金に関するお問合せ】
日本財団 公益事業部 国内事業審査チーム
「日本財団みらいの福祉施設建築プロジェクト」担当
Email:fukushi-kenchiku@ps.nippon-foundation.or.jp
 

  • 事業内容に関するご相談や、採択可能性に関するご質問は対応いたしかねます。
  • お問合せは事業実施団体または設計者からのみ受け付けます。

Cookie(クッキー)
当社のウェブサイトは、利便性、品質維持・向上を目的に、Cookie を使用しております。詳しくはクッキー使用についてをご覧ください。
Cookie の利用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意頂けない場合は、ブラウザを閉じて閲覧を中止してください。