第7回 京都建築賞
趣旨・目的

「京都建築賞」は、一般社団法人京都府建築士会の創立60周年を記念して2012(平成24)年に創設され、今回で7回目を迎えます。

<京都建築賞>部門
京都建築賞は、京都の歴史的文脈を踏まえつつ創造性の高い建築作品を表彰し、その活動と業績を広く社会に伝えることで、京都における建築の更なる継承・発展に資することを目的とします。

<藤井厚二賞>部門
2016(平成28)年度の第4回からは、次代を担っていく建築士の支援を目的として、京都建築賞に特定のテーマを設定する新たな部門として「藤井厚二賞」を創設しました。
藤井氏の卓越した洞察力、探求心、行動力に、その成果である建築作品に敬意を表し、氏の建築に向き合う姿勢に相応しい意欲あふれる作品の応募を期待したものです。

応募要項

<京都建築賞>部門

テーマ
不問
応募者資格
応募作品の設計者。連名の場合は代表者名で申し込むこと。
対象建築物
京都府内に実在するもので、規模、用途、新築・改修等の別は問わないが、法的に必要なものについては完了検査済証の交付を受けたもの
施工年月日
2014年1月1日〜2018年12月31日に竣工したもの
審査委員
井上章一(国際日本文化研究センター教授)
竹山 聖(京都大学教授)
永山祐子(有限会社 永山祐子建築設計)※敬称略、50音順

<藤井厚二賞>部門

テーマ
「環境」
応募者資格
応募作品の設計者。連名の場合は代表者名で申し込むこと。
対象建築物
京都府内に実在するもので、規模、用途、新築・改修等の別は問わないが、法的に必要なものについては完了検査済証の交付を受けたもの
施工年月日
2009年1月1日〜2018年12月31日に竣工したもの
審査委員
𩵋谷繁礼(𩵋谷繁礼建築研究所)
前田圭介(UID一級建築士事務所)
満田衛資(満田衛資構造計画研究所)※敬称略、50音順
提出書類
  1. 審査資料
  2. 応募申込書
  3. 査資料・応募申込書のデータ
  4. 応募料の払込票のコピー

※詳細は下記ホームページをご確認ください。

提出先・問合せ

〒604-0944 京都市中京区橘町641 京都建設会館別館2F
(一社)京都府建築士会 京都建築賞 事務局
TEL:075-211-2857 FAX:075-255-6077

提出期限

2019年2月14日〜2月28日
(持ち込みは不可とし、当日消印又は受付印有効)

応募料

応募料は1作品につき次の通りとし、両部門に重複応募する場合はそれらの合計額とする。
<京都建築賞>部門:35,000 円(会員は15,000 円)
<藤井厚二賞>部門:15,000 円(会員は5,000 円)
※会員とは(一社)京都府建築士会正会員のことを指します。

スケジュール

結果発表:2019年5月(ホームページにて行い、受賞者には直接通知する。)
表彰式 :2019年6月(本会通常総会席上)

審査方法・決定

<京都建築賞>部門
書類審査により入選作品10点程度を選出し、現地審査対象作品5点程度を決定。現地審査により、最優秀賞、優秀賞等を決定します。
<藤井厚二賞>部門
書類審査により藤井厚二賞候補作品5点程度を選出し、現地審査により藤井厚二賞を決定します。

主催

(一社)京都府建築士会

後援

京都府 京都市 宇治市(予定)

詳細

http://award.kyotofu-kenchikushikai.jp/