Architects of the Year 2018
概要

日本橋の家で展示される「MINIMAL is MAXIMAL」な住宅の提案を募集します。本企画は、若手建築家の展覧会「Architects of the Year」の企画として、その参加者を公募するものです。9月20日までに、指定の書式に従って応募資料を提出してください。展覧会コミッショナーである小川晋一氏によって、10組程度が選出されます。

テーマ

MINIMAL is MAXIMAL

審査員

小川晋一

スケジュール

■応募受付  開始 2018年8月20日
       締切 2018年9月20日
■出展者決定 9月下旬
■展覧会開催 2018年10月2 日~11月11日

提出物

①プレゼンテーション資料
A3判用紙サイズのPDFファイル1枚(縦横自由、データ容量上限:10MB)
※プレゼンテーション資料には設計者名、組織名は一切記入しないこと。

②添付書類
プロジェクトと応募者(= 設計者)の情報をA4判用紙に記載したもの。

提出先

一般社団法人 日本建築設計学会
e-mail: office@adan.or.jp
上記のアドレスへ提出物①と②をメール送付してください。

備考

■入選者には、原則、日本橋の家にて行われる展覧会に参加していただきます。
■入選者は、日本橋の家にて、会期にあわせ、応募作品の展示制作、搬入、搬出を各自とり行うこととなります。
■展示していただくパネルや模型の大きさ、展示場所、展示方法については、出展者決定の通知と合わせて改めてご連絡します。
■展示物制作費として 1 組 3 万円を補助します(交通費込み)。
■計 10 組程度を想定していますが、展示物計画の内容により変更の場合があります。
■日本建築設計学会が発行する機関紙、建築設計 08 に作品を掲載予定です。
■会期中、出展者による公開プレゼンやトークショーなどのイベントを予定しています。

問合せ

office@adan.or.jp

主催

日本建築設計学会

詳細

http://www.adan.or.jp/news/event/2260