京都デザイン賞2018
趣旨

京都には1200年の歴史が培った魅力的なデザインが多数存在しています。それらは現代においても引用され、新たな作品や商品開発に繋がっています。京都デザイン賞2018では、京都の伝統と文化を守りながら、新たなデザイン手法を用いて、新しい京都のデザインの創出を図る作品を募集します。

テーマ

新しい京都のデザイン

募集部門
第1部門
建築・ランドスケープ・インテリアデザイン・ディスプレイ
第2部門
グラフィックデザイン・ポスター・ブック・パンフレット・イラストレーション・パッケージデザイン
第3部門
ファッションデザイン・テキスタイルデザイン・キモノ
第4部門
プロダクトデザイン・クラフト・雑貨デザイン
第5部門
映像
第6部門
課題① 伏見の清酒「都鶴」の訪日外国人に向けたラベルデザイン、またはラベルと外箱のセットでの提案
課題② 「京とうふ藤野」パッケージデザイン
課題③  新しい京の和文具
応募登録

▼下記URLの応募登録ページより登録をしてください。
http://design.kyoto/award_2018/youkou/02.html

応募登録締切

〔第5部門・映像〕 2018年9月16日(日)
〔第1〜4、6部門〕2018年9月30日(日)

作品提出締切

〔第5部門・映像〕 2018年9月23日(日)
〔第1〜4、6部門〕2018年10月13日(土)

出品料・出品数
  • 第1部門 住宅は1作品 10,000円、住宅以外は1作品 30,000円
  • 第2〜6部門 1作品 5,000円
  • 学生はすべての部門 1作品 3,000円
審査員
(敬称略)

奈良磐雄(公益社団法人京都デザイン協会理事長)<審査委員長>
新井清一(建築家・京都精華大学教授)
久谷政樹(グラフィックデザイナー・京都造形芸術大学名誉教授)
滝口洋子(京都市立芸術大学教授)
中島信也((株)東北新社取締役・CMディレクター・武蔵野美術大学客員教授)
村田智明(株)ハーズ実験デザイン研究所 代表取締役、京都造形芸術大学プロダクトデザイン学科客員教授)
京都デザイン協会正会員

京都デザイン大賞
1点(賞状とトロフィー)
京都府知事賞
1点(賞状)
京都市長賞
1点(賞状)
京都商工会議所会頭賞
1点(賞状)
京都新聞賞
1点(賞状)
伏見の清酒・都鶴賞
1点(賞状と賞金3万円)
京とうふ藤野賞
1点(賞状と賞金3万円)
京の和文具賞
1点(賞状と賞金3万円)
学生賞(画箋堂賞)
1点(賞状と画箋堂にて使用できる3万円分の商品券)
入選
各部門数点(賞状)
審査結果

審査結果は2018年10月下旬に、入賞者に文書で通知するとともにホームページで公開します。

展示会・授賞式

[入選作品展]
2018年11月1日(木)〜3日(土)9:00〜17:00 京都府庁旧本館正庁東側半面
[授賞式・作品講評会]
2018年11月3日(土)16:50〜17:40 京都府庁旧本館 旧議場

主催・問合せ

公益社団法人 京都デザイン協会
FAX:050-3385-8009 Email:info@design.kyoto

公式サイト

http://design.kyoto/award_2018/