住まいの環境デザイン・アワード2019
概要

住まいの環境デザイン・アワードは、“人と環境と住空間デザインの真の融合”をテーマに、環境性能と住空間デザインの調和を図り、暮らしの主人公である住まい手の思いを実現した住宅の好例を募ります。12回目を迎える住まいの環境デザイン・アワードは、創設以来のコンセプトを継承しつつ、いくつかの大きな模様替えをいたします。
今回より審査対象とする住宅の立地を1都7県に絞り、首都圏における環境デザインの優れた住宅を審査するほか、それに伴い賞構成も見直しました。また審査員には、建築家の末光弘和氏と、新建新聞社の三浦祐成氏の2名を新たに迎えます。建築家の個性的な住宅から、ビルダー・工務店が設計・施工で手掛ける住宅まで、幅広く首都圏の住まいを見渡し、仕様や数値だけでは測れない「ひとが主人公」の住まいの環境デザインを掘り起こしていきます。
ひとと住まい、ひとと街が呼応して生まれる、これからの住まいの環境デザインを指し示す多くの応募をお待ちしています。

審査員

東  利恵(建築家/東 環境・建築研究所代表取締役)
宿谷 昌則(建築環境学者/東京都市大学教授)
末光 弘和(建築家/SUEP.代表取締役)
千葉  学(建築家/東京大学大学院教授)
三浦 祐成(株式会社新建新聞社代表取締役)
※50音順、敬称略

賞・賞金

■本賞

グランプリ ………
(1作品)50万円
準グランプリ ……
(1作品)20万円
優秀賞 ……………
(3作品)各10万円
ビルダー・工務店賞
(1作品)10万円
審査員特別賞 ……
(5作品)賞金なし

■特別部門

ベターリビング ブルー&グリーン賞
(1作品)10万円
東京ガス賞 ……………………………
(1作品)10万円
応募対象作品

2015年10月以降に、首都圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県)に完成した住宅
戸建住宅(注文、分譲)、住宅地開発、集合住宅(分譲、賃貸、コーポラティブハウス、シェアハウス)など
新築、リノベーションいずれも可

応募資格

応募作品の設計者、住宅会社、ビルダー、工務店、ハウスメーカー、デベロッパー、リフォーム会社、インテリアプランナー、インテリアコーディネーターなど

応募・提出方法

下記ホームページからダウンロードした所定の用紙を使用し、以下2点のデータを応募フォームにアップロードしてください。

  1. 応募用紙(応募者データ)<A3×1枚>
  2. プレゼンテーション用紙<A3×1枚>
作品提出先・問合せ

「住まいの環境デザイン・アワード2019」事務局(リビングデザインセンターOZONE内)
E-mail:gas-efhome@mail-ozone.jp
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内
TEL : 03-5322-6500(代)10:30-19:00 水曜日休館(祝日を除く)
担当:林・太田(侑)・有田
※夏期休館:2018年8月6日(月)~8月10日(金)

スケジュール

2018

6/28(木)
作品募集開始
9/20(木)
締切
10月中旬
一次審査結果発表
12月中旬
二次審査結果発表

2019

1/22(火)
シンポジウム・表彰式
2月
受賞作品展
3月上旬
作品集刊行
主催

リビングデザインセンターOZONE

共催

一般財団法人 ベターリビング

特別協賛

東京ガス株式会社

協賛

日本ベルックス株式会社

後援

公益社団法人 インテリア産業協会、一般社団法人 神奈川県建築士会、
公益社団法人 空気調和・衛生工学会、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構、
一般社団法人 JBN・全国工務店協会、一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会、
一般社団法人 新都市ハウジング協会、一般社団法人 全国中小建築工事業団体連合会、
公益社団法人 千葉県建築士事務所協会、一般社団法人 東京インテリアプランナー協会、
一般社団法人 東京建築士会、 一般社団法人 東京都建築士事務所協会、
一般社団法人栃木県建築士会、公益社団法人 日本インテリアデザイナー協会、
一般社団法人 日本ガス協会、公益社団法人 日本建築家協会関東甲信越支部、
日本床暖房工業会、一般社団法人山梨県建築士会、一般社団法人 リビングアメニティ協会

協力

有限会社オン・ザ・ロード、株式会社建報社

企画・運営

東京ガスコミュニケーションズ株式会社

詳細

http://www.gas-efhome.jp/