KIPA 第1回デザインコンペティション2017
概要

ツナグ+DESIGN
「ガラスのインフォメーションセンター」

人々の国境を越える流動も、非常に大量かつ頻繁に起こっています。

島国の日本に於いても、世界の人々が、これからも多く日本を訪れることが予測されます。
2016年度には、インバウンド旅行客として、2400万超の人々が、日本を訪れました。

そこで、今年のテーマは、様々な海外から日本に訪れた方々への、「ガラスのインフォメーションセンター」のインテリアデザイン案を公募いたします。
世界と日本を繋ぐインターフェイスとしてのインテリアデザインです。

大きさは、5M×5M×5Mの透明ガラスのキューブを想定し、そのインテリアの自由な発想をご提案ください。
配置場所も自由に想定してください。
駅舎の中、公園の入り口、神社の境内などなど、できれば、具体的な場所を想定願います。
キューブ内の機能指定は、トイレとカウンター(窓口)のみです。

皆さんの、自由な発想のすばらしいアイデアを期待しています。

応募資格

インテリアに興味を持つ学生または学生グループ

スケジュール
応募登録
2017年7月31日(月)~9月22日(金)
応募費用振り込み
2017年9月4日(月)~9月29日(金)
作品受付
2017年10月2日(月)~10月20日(金)必着
発表
2017年11月上旬予定
表彰式
2017年11月下旬予定
賞・表彰
最優秀賞
1点  ¥100,000
優秀賞
3点  ¥50,000
佳作
6点  ¥10,000
協賛企業賞
3点  ¥10,000
審査委員
(敬称略)

審査委員長

  • 小梶 吉隆 (一般社団法人 関西インテリアプランナー協会 会長)

審査委員

  • 石津 勝  (大阪芸術大学 准教授)
  • 岩田 章吾 (武庫川女子大学 教授)
  • 岡本 清文 (近畿大学 教授)
  • 小川 千賀子(株式会社デザインクラブ 代表)
  • 角田 暁治 (京都工芸繊維大学 准教授)
  • 川北 英  (京都美術工芸大学 教授)
  • 立山 智佳子(高島屋スペースクリエイツ株式会社 デザインチームリーダー)
  • 中村 俊郎 (イチマルヨンロク デザイン 代表)
  • 濵田 徹  (株式会社イリア 関西事務所 所長)
  • 藤本 英子 (京都市立芸術大学 教授)
応募方法

はじめに、必要事項を下記の関西インテリアプランナー協会ホームページの応募登録フォームより送信し 応募者の登録をしてください。
http://www.kipa.or.jp/kdc/tsunagu_entry/form_competition_2017.html

次に、デザインコンセプトを説明した文章、各種図面、プランニングのプロセスや考え方がわかるようなスケッチ・パース・模型写真等を A2サイズ1枚にまとめて提出してください。
※提出物については下記コンペ公式サイトを参照ください。

<提出先>
〒541-0052 大阪市中央区安土町1-7-13 トヤマビル本館 9F
一般社団法人 関西インテリアプランナー協会
学生デザインコンペ係

応募点数

一人何点でも応募できます。

応募費用

1点1,000円

主催

一般社団法人 関西インテリアプランナー協会

問合せ

一般社団法人 関西インテリアプランナー協会(KIPA) 
学生デザインコンペ係
〒541-0052 大阪市中央区安土町1-7-13トヤマビル本館9F
TEL:06-6266-5735 FAX:06-6266-5745 E-メール:kipa@jipa.net

コンペ公式サイト

http://www.kipa.or.jp/kdc/tsunagu_design.html