NEWS Products

グラフィソフトジャパン『ArchiCAD16』


グラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長コバーチ・ベンツェ)は、『ArchiCAD15』の次期バージョンとして『ArchiCAD16』を2012年9月25日より販売開始する。またそれに加え、Solibri, Inc.(本社:フィンランド ヘルシンキ、CEO: Heikki Kulusjarvi)の『Solibri Model CheckerTM 日本語版』を同時に販売開始する。

『ArchiCAD16』の3つの大きな特徴
・モルフツール(MORPHTM tool)
「モルフツール」を利用することにより、他のソフトウェアを活用することなく、コンセプト段階のシンプルなBIMモデルを容易に作成し、基本設計-実施設計へと同じモデルを利用した設計が可能となる。更には、既存のオブジェクトをモフル化し編集することで、BIMモデルを構築する上で必要とされる「カスタムオブジェクト」を容易に作成することを可能とした。
・BIMComponents.com
GDLオブジェクトのポータルサイトとして、オブジェクトの検索、アップロード/ダウンロードできるクラウドベースの新しいWebサイト。この『BIMComponents.com』では、世界中で何千ものパラメトリックなGDLを自由に利用することができ、更にはユーザー自身で作成したカスタムオブジェクトをチーム、会社内で共有することが可能。また『ArchiCAD16』を利用することで、このサイトにあるオブジェクトを、ドラッグ&ドロップで直接取り込むことが可能。
・環境シミュレーション機能の実装
『ArchiCAD16』は環境分析ツールを内蔵した初のBIMシステム。これまでアドオンソフトウェアとしてご提供していた環境シミュレーション機能をArchiCADに実装。これによりデータを交換することなくArchiCAD内で直接エネルギー解析することにより、設計者の意図を直接BIMモデルに反映することが可能。

グラフィソフトジャパン株式会社
http://www.graphisoft.co.jp/