NEWS Products

3次元座標から距離を算出するレーザー距離計 Leica DISTO S910 パッケージ販売を開始


スイスに本社を置く測量機器メーカー、ライカ ジオシステムズ株式会社は、今年4月に発売開始した3次元座標情報を取得できるレーザー距離計Leica DISTO S910に、アダプター、三脚、ターゲットプレートを専用ケースに同梱したパッケージの販売を開始する。

Leica DISTO S910は、座標情報を使って、離れた場所から距離を測定する世界初の画期的なレーザー距離計。高所作業や立入できない場所など、測定に時間と労力が必要だった場所でも、安全を確保しながら測定作業をすることができる。座標情報を使っての測定では、測定基準位置を固定し、正確なレーザー照射をする必要がある。本パッケージでは測定作業に必要なレーザー距離計 Leica DISTO S910、専用アダプター Leica FTA360-S、三脚 Leica TRI 70、ターゲットプレート Leica GZM 3 をセットにした。

Leica DISTO S910の座標の取得には、基準となる点が必要で、その点はしっかり固定する必要がある。そのため Leica DISTO S910 は、スマートベースという本体埋め込み式のポールを備え、これを基準に本体を上下左右へ自在に動かせるようにしている。
このスマートベースを確実に安定して固定するために開発されたのが、専用アダプター Leica FTA360-S。上下・左右方向に動かす微調整ネジにより、本体を手で動かしながら照準を合わせるよりも正確に狙いを定めることが可能
Website
YouTube

想定市場価格320,000円~350,000円(税込)
製品に関するお問合せ先
ライカ ジオシステムズ株式会社
TEL:03-5940-3101
Email:disto@leica-geosystems.co.jp