2018年度日本都市計画学会関西支部セミナー
概要

人口減少社会の到来やグローバル経済の展開など、日本の都市を巡る状況は大きく変化しつつあります。都市計画やまちづくりには、中長期的な視点に立って、これに取組んでいくことがより一層期待されます。
まちづくりには専門家以外にも多くの人たちがかかわりますが、都市に関する基礎的な知識、いわば教養が身についていればより効果的な活動ができると思います。また、最新の情報を得てそれを都市計画やまちづくりに反映させることも大事です。そのような思いからこのセミナーを企画しました。奮って参加ください。

まちづくり人材育成事業特別委員会委員長 鳴海邦碩

日程

基礎編:2018年6月9日、6月23日、6月30日(3日間)
応用編:2018年10月13日、10月27日、11月3日、11月10日(4日間)

場所

関西大学梅田キャンパス 関大ミライズ(大阪府大阪市北区鶴野町1番5号)
地域計画建築研究所 アルパック 会議室(大阪市中央区今橋3-1-7 日本生命今橋ビル10階)

受講料

基礎編:10,800円(3日間の費用)
応用編:21,600円(4日間の費用)

定員

各コース30名程度

CPD

基礎編:21単位
応用編:28単位

申込み

受講希望者は希望するコース、氏名、年齢、勤務先あるいは所属、会員の方は種別(正、学生、賛助会員)、を記載し、日本都市計画学会関西支部へeメールで申し込みください。メールの件名に「セミナー受講」とお書き下さい。担当より折り返し受理確認のメールを差し上げます。電話での問い合わせは受け付けておりません。

送付先

office@cpij-kansai.jp

受付期間

基礎編:2018年3月20日~5月10日
応用編:2018年3月20日~7月10日

共催

日本都市計画学会関西支部、関西大学梅田キャンパス

詳細

http://www.cpij-kansai.jp/contents/committee/detail.cgi?id=192