シンポジウム「フィ-ルドワークと設計 多くの方言と向き合う」
概要

暮らしの中で起きていることを調べ、それがどうなるかを予測して設計に活かす、フィールドワークと設計は切っても切れないものとして存在してきた。我が国では1960年代後半からのフィールドワークブームが始まり、1970年代末にパタンランゲージがフィールドワークと設計の関係についての決定打を放った。しかしそれはそれほど使われる言葉にはならず、フィールドワークと設計の現場には依然としてたくさんの方言が溢れ、それは日々新しく生成されている。建築家はこうした方言に対してどのような組織を組成して、どのように向き合い、どのように言語化をして、どのように設計につなげていけばよいのだろうか。
本シンポジウムは、建築設計、都市計画、社会学のそれぞれの分野でフィールドワーク、コミュニケーションの生成、設計の実践に取り組んでいる4者の取り組みを通じて、その方法を探る。

日時

2018年5月18日(金)19:00~21:00

会場

新宿NSビル16階インテリアホール
(東京都新宿区西新宿2丁目4番1号)

アクセス

http://www.shinjuku-ns.co.jp/about/access.php

参加費

無料

登壇者
(敬称略)
  1. フィールドワークの系譜と意義(仮):饗庭伸
  2. 建築家の実戦から(仮):冨永美保
  3. 建築家の実戦から(仮):市川竜吾
  4. 発見とコミュニケーション(仮):加藤文俊
申込み

下記ホームページのフォームよりお申し込みください。

主催

ミサワホーム株式会社 Aプロジェクト室

問合せ

ミサワホーム Aプロジェクト室
TEL:03-3349- 8073
受付時間 10:00~18:00/定休日 土・日・祝

詳細

http://www.a-proj.jp/event_news.html#180518