木質耐火部材を用いた木造耐火建築物設計マニュアル講習会
概要

平成22年施行の公共建築物等木材利用促進法、平成30年の国土交通省告示の一部改正などにより、中・大規模公共建築物や中高層建築物の木造化が拡大し、民間企業においても3時間耐火の大臣認定取得など、技術開発が進展しております。
しかしながら、実際に木造耐火建築物の設計を行う上では留意すべき点が数多く残っており、それらの明確な手引書については整備途上にありました。
本マニュアルは、木造耐火建築物を設計、施工する実務者の方の活用に供することを主旨とし、国立研究開発法人建築研究所の監修を得て発行に至りました。協会が取り扱う「せっこうボード被覆燃え止まり型木質耐火部材」の仕様の説明、木造耐火建築物の設計上必要な関連法規、技術基準、耐火避難規定、各部位の耐火設計等についての解説を取りまとめており、さらには木質耐火部材同士の具体的な納まりや設計事例の紹介、各社団体の取得した認定仕様との組み合わせ、RC造と木造、鉄骨造と木造などの異種構造等も示された実務者の皆様必見の内容となっております。是非この機会にお越し頂きたく、ご案内申し上げます。

開催日時

2018年5月7日(月)13:30~17:00 ※開場13:00~

会場

ルポール麹町「ロイヤルクリスタル」
(東京都千代田区平河町2-4-3)

アクセス

http://www.leport.jp/map/access.html

参加対象者

当協会会員

  • 本講習会は当協会会員の企業・団体様のみ受講頂けます。下記ホームページの会員名簿ページ末尾にある「会員区分について」「会費について」をご一読頂き、入会申込書をFAXにてご送付頂きますようお願い致します。
受講料

会員①、会員②、会員③、特別賛助会員・・・20,000円
特別会員(省庁、都道府県、市町村)・・・無料

受講登録方法

下記ホームページの申込みフォームから必要事項をご記入のうえお申込み下さい。

申し込み締切

2018年4月24日(火)

受講料振込締切

2018年4月26日(木)

プログラム

第1部:発刊発表

13:30~13:40
主催者 会長挨拶
13:40~13:50
挨拶(林野庁、国立研究開発法人建築研究所)
13:50~14:00
編集委員挨拶(萩原一郎 委員 東京理科大学教授)
14:00~14:30
編集委員長挨拶及び基調講話『木造耐火建築のこれから』(大橋好光 編集委員長 東京都市大学教授)
14:30~14:45
休憩

第2部:技術講習

14:45~14:50
「木質耐火部材を用いた木造耐火建築物設計マニュアル」について
(一般社団法人日本木造耐火建築協会 理事 安達広幸)
14:50~16:50
技術仕様について(木耐建事務局 技術部)
14:50~16:50
編集委員挨拶(萩原一郎 委員 東京理科大学教授)
16:50~17:00
マニュアルの運用について(木耐建事務局)
17:00
終了
主催

(一社)日本木造耐火建築協会

詳細

http://www.mokutaiken.jp/news/news2018032619.html