2018 Year of Kyoto シンポジウム-京都から世界への庭園文化継承
概要

2018年、ポートランド日本庭園は、創設55周年を迎えます。そして、昨年完成した新しい文化教育施設「Cultural Village」で新しいプログラムを本格的に始動する年でもあります。この秋には、世界の日本庭園関係者が集う「日本庭園国際カンファレンス」がポートランドにおいて開催されます。更にこの年は、日本庭園が世界へ羽ばたいた明治時代から満150年の年にも当たります。この重要な節目が重なる2018年、私たちは千年の都・京都で育まれた庭園文化に改めて立ち返り、海外の日本庭園におけるこれからの活動と課題について対話するため、「Year of Kyoto -京都から世界への 庭園文化継承」と題し、京都でシンポジウムを開催いたします。

日時

2018年4月26日(木) 18:00~20:00 (開場17:30)

会場

金剛能楽堂(京都市上京区烏丸通中立売上ル)

アクセス

http://www.kongou-net.com/access.html

参加費

無料(事前登録制)

登録方法

お名前(よみかな)・ご所属・Eメールアドレスをiab@japanesegarden.org
までお送り下さい。

登録締切

2018年4月15日(日)

内容

<基調講演>
隈研吾 氏「桂離宮、タウト、僕」
<対談>
隈研吾 氏 ・進士五十八 氏 対談 DIALOGUE
司会:内山貞文 氏

主催

ポートランド日本庭園

協賛

京都信用金庫

協力

COS KYOTO株式会社

詳細

https://japanesegarden.org/events/symposium-kyoto-world-inheriting-japanese-garden-culture/