第2回 建築ドローンシンポジウム「建築×ドローン2018」
概要

建築分野においても,徐々に建築物の点検調査、災害等でドローンの活用が検討され始めている。このような社会的背景の中で、日本建築学会「UAVを活用した建築保全技術開発WG」でも、建築物の維持保全に関わるドローン技術の情報収集や実証実験を行ってきた。第2回建築ドローンシンポジウムでは、ドローンによる建築物の点検・調査をキーワードとし、①建築分野及び国交省基準関連の動向,②効率化・省力化点検に関わるドローンによる建物へのアクセシビリティ、コスト・調査時間の影響、ドローンによる自動化技術、③建物外壁点検の調査方法に関わる打音検査、赤外線装置による検査、音響深査法による検査について、最新技術の情報を提供する。また、建築学会災害委員会と連携し、災害震災時における建築ドローン技術の活用の現状について紹介するとともに、課題を整理する。

日時

2018年5月17日(木)13:00~17:00

会場

建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)

アクセス

http://www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm

定員

120名

参加費

会員4,000円 後援団体5,000円 会員外6,000円 学生2,000円
(資料代含む/当日払い)

申込み

下記URLよりお申し込みください
https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=613721

プログラム
(敬称略)

司会:兼松 学(東京理科大学)

  1. 主旨説明:宮内 博之(建築研究所)
  2. 【動向】建築分野におけるドローン技術の動向と展望:宮内 博之(前掲)
  3. 【基準】非接触方式による外壁調査の診断手法及び調査基準に関する検討:眞方山 美穂(国土技術政策総合研究所)
  4. 【効率】ドローンによる建物点検へのアクセシビリティの検討:兼松 学(前掲)
  5. 【省力】ドローンを活用した建物点検の効率化・省力化の検討:二村 憲太郎(西武建設)
  6. 【自動】ドローンを活用した建築物の自動点検調査システムの開発:石田 晃啓(三信建材工業)
  7. 【打音】ドローンを用いた外壁タイル仕上げの打音検査:河辺 伸二(名古屋工業大学)、
        渡辺 正雄・中島 圭二(コンクリート技術支援機構)
  8. 【赤外線】赤外線カメラを搭載したドローンによる建物検査:大場 喜和(日本ERI)
  9. 【音響】非接触音響探査法による外壁調査の効率性向上に関する検討:杉本 恒美(桐蔭横浜大学)
  10. 【構造】災害における建築ドローン技術の活用可能性:楠 浩一(東京大学)
  11. まとめ:鹿毛 忠継(国土技術政策総合研究所)
主催

日本建築学会 材料施工委員会 耐久・保全運営委員会

後援(予定)

日本建築仕上学会、日本建築ドローン協会、日本ドローンコンソーシアム、
日本UAS産業振興協議会、日本ドローン無線協会

問合せ

事務局事業グループ(担当:浜田)
TEL:03-3456-2051

詳細PDF

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2018/a800.pdf