建築家フォーラム 第167回
「物語的エコロジー」
概要

4月の建築家フォーラムは、若手建築家の能作文徳さんをお迎えします。能作さんの建築は、いつも抽象と具象のちょうどよいバランスの中でできていると感心してみています。それは彼が常に「もの」にこだわっているからであり、「もの」を遡った自然の資源までをも見つめているからかもしれません。人のものづくりへの関わり方に強い興味を持ち、どこの自然から原材料を取ってくるのかまで追いかけるのです。建築を動かないものとして捉えるのではなく物質循環の流れの中で捉え、人とものの生態学的な認識から新しい建築のあり方を模索しています。
レクチャーでは、街並みとの連続や家族の記憶の継承という観点から、既存家屋の小屋組や瓦、障子や欄間などのマテリアルの再利用・再配置を試みた「高岡のゲストハウス」、アジアの共通性として米に着目して、米の流通で使われる米袋、農家で使われる竹から、農業と建築の融合したアート作品の「Bamboo Theater」(フィリピン)、中古の建物のスラブに孔を開けて建物を上下に繋ぎ、光を取り入れ、熱や空気を循環させ、住みながら改修した「西大井のあな 都市のワイルドエコロジー」などを紹介くださいます。ぜひ皆様ふるってご参加ください。

(安田幸一)

登壇者
(敬称略)

講演者:能作文徳 (東京電機大学建築学科准教授)
聞き手:安田幸一 (東京工業大学教授、安田アトリエ主宰)

日時

2018年4月17日(火)受付18:00 開演18:30~20:00

会場

大光電機(株)両国ビル 10F
(東京都墨田区両国4-31-17)

アクセス

http://www2.lighting-daiko.co.jp/showroom/#tokyo

聴講費

建築家フォーラム会員:無料                  
法人会員(3名まで):無料
一般ビジター:2,000円
学生・院生ビジター:1,000円

申込み・問合せ

建築家フォーラム事務局 担当/重巣(しげす)・秋田
TEL:03-6658-5720 FAX:03-5600-7797

申込締切

2018年4月13日(金)

主催

建築家フォーラム

詳細

https://www.kentikuka-forum.com/single-post/2018/03/14/【第167回のお知らせ】<物語的エコロジー->