ブルーノ・タウト 幻の「生駒山嶺小都市計画」を追う
概要

生駒山嶺小都市計画
1933年から1934年にかけて、大阪電気軌道(近畿日本鉄道の前身)の依頼によりブルーノ・タウトが生駒山上に向け設計した、ホテル・貸別荘群・展望台等を含む小都市計画。当時の大阪毎日新聞に「二千尺の生駒に建つ“山の市街”」と掲載されるなど注目を集めたものの、計画の実現には至らなかった。
この計画は、現在の生駒山上遊園地内生駒ケーブル生駒山上駅前・飛行塔周辺から各社送信設備がある南西方向に向かって設計されており、現有する周辺道路の一部形状が、当時の設計図面と完全に一致することが分かっている。

講師

森 康通 氏(生駒市役所)

日時

2018年4月7日(土)15:45~17:00 受付開始 15:30~

会場

なら100年会館小ホール
(奈良市三条宮前町7番1号 地下1階)

アクセス

http://www.nara100.com/access.html

会費

無料

定員

70名(当日先着順・申込み不要)

対象

どなたでも参加出来ます

主催・問合せ

公益社団法人 日本建築家協会近畿支部 奈良地域会
TEL:0742-30-3131

詳細

http://www.jia.or.jp/kinki/chiikikai/nara/9071.html