写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−
概要

21_21 DESIGN SIGHTでは、2018年2月23日より企画展「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」を開催します。
展覧会ディレクターには、数々の著書や展覧会の企画で知られる写真評論家で美術史家の伊藤俊治を迎えます。
本展では、クラインの都市ヴィジョンとともに、斬新な眼差しで21世紀の都市と人間を見つめ、従来の写真のフレームを大きく飛び越えようとする日本やアジアの写真家たちを紹介します。22世紀をも見据えた未来の写真都市の鼓動を描きだす、ヴィジュアル・コミュニケーションの新しい冒険をご覧ください。

会期

2018年2月23日(金)~6月10日(日)

開館時間

10:00~19:00(入場は18:30まで)

会場

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1、2
(東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内)

アクセス

http://www.2121designsight.jp/information/

休館日

火曜日(5月1日は開館)

入場料

一般1,100円、大学生800円、高校生 500円、中学生以下無料

主催

21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団

問合せ

21_21 DESIGN SIGHT
tel: 03-3475-2121
info@2121designsight.jp

詳細

http://www.2121designsight.jp/program/new_planet_photo_city/