セルゲイ・チョーバン 建築ドローイング展
「凍てついた音楽の夢」
概要

セルゲイ・チョーバン氏は建築家、ドローイングアーティスト、美術コレクターそしてドイツ・ベルリンの建築ドローイング美術館創設者でもあります。1962年旧ソビエト連邦レニングラードに生まれ、連邦下で教育を受けましたが連邦崩壊直後の1991年ドイツにわたり、ドイツ国籍を取得します。そして今日、ハンブルグ、ベルリンそしてドレスデンにチョーバン・フォス建築事務所を構えるに至ります。またロシア語、英語のバイリンガル建築雑誌「speech」の創刊者でもあり、複数回にわたりヴェネチアビエンナーレ国際建築展ロシア館でのキュレータを務めています。今回の東京アートミュージアムでのプロジェクト「凍てついた音楽の夢」は、チョーバン氏の最新作建築ドローイングを含めた、およそ30点を公開する日本初の展覧会となります。これらの作品群はプランニングのための「古典的」な建築設計図面ではなく、自由な発想に基づいた「建築的ファンタジー」ドローイングとなります。

会期

2018年4月7日(土)~6月24日(日)

開館時間

木・金・土・日曜日 11:00~18:30(入館は18:00まで)

場所

東京アートミュージアム|http://www.tokyoartmuseum.com/
(東京都調布市仙川町1-25-1)

入場料

一般500円 大学生400円 高校生400円 小中学生300円

関連情報

<アーティストトーク&書籍サイン会>
日時:2018年4月7日(土)15:00~(16:30 終了予定)
会場:東京アートミュージアム(東京都調布市仙川町1-25-1)

主催

東京アートミュージアム

企画

プラザ財団

キュレーター

ヤン・フィリップ・フルーゾルゲ

協力

チョーバン財団 、The Drawing Hub Berlin

詳細

http://thedrawinghub.org/press-download