学芸セミナー/野村勘治庭園シリーズ第6回
「謡曲庭園を語る(1)黎明期~過渡期」
概要

中世以来、武家に親しまれた「能楽」の「謡曲」は桃山時代には、いくつかの曲目が庭の主題にもなっています。
とりわけ、「鶴亀」の曲目は、それ以前は庭の脇役だった鶴亀石組みから「鶴亀庭園」へと主役に格上げする上で説得力を与えるものであったと言えます。
また、中世の枯山水の発展により、畏縮した感のある庭園空間を、現在のバーチャルリアリティの如く、舞台セットやテーマパークのような、体験型の大名庭園へと発展させる上で大いに貢献したのは謡曲の物語性だったと言えます。
庭のコンセプトとしてまだ一般的には認知されているとは言えない「謡曲庭園」の、物語と造形の関係を、黎明期から過渡期と、大名庭園に発展する完成期の2回に分けて解説します。
まずは遠州好みの「鶴亀の庭」と、関ヶ原戦勝記念庭園である「名古屋城二之丸庭園」、共に中国を舞台とする謡曲から、庭における鶴亀と唐好みを考えてみたいと思います。

野村勘治

日時

2018年1月27日(土)13:30時開場、14:00~17:00

会場

学芸出版社 3階(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)

アクセス

http://www.gakugei-pub.jp/kaisya/

会費

2000円(学生1000円)、懇親会(希望者のみ):1500円程度

定員

50名

講師
(敬称略)

野村 勘治(㈲野村庭園研究所代表)

申込み

下記ホームページの申込フォームよりお申し込みください。

関連書籍
主催

株式会社 学芸出版社

問合せ

学芸出版社(担当:中木)
E-mail:nakaki@gakugei-pub.jp(@を小文字に置き換えてください)
TEL:075-342-2600  FAX:075-343-0810

詳細

http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1801nomura/index.htm