学芸出版社オフィスリノベーション記念 設計者×編集室長 対談
「まちづくりを発信する新しいオフィスを目指して」
概要

学芸出版社ではこのたび、1995年に建てられた社屋の一部をより働きやすいオフィスとして大改装しました。このリノベーションには、社内の世代交代や、新しい働き方に対応したオフィスにするというだけではない、私たちの想いがありました。
リノベーション設計を手掛けたみささぎ一級建築士事務所・松本崇氏と、弊社編集室長の井口が、今回のリノベーションに込められた設計意図やこれからの仕事のあり方、そしてまちづくりを発信する編集者としての妄想について対談します。
両氏の案内による社内見学会つき。建築やリノベーションだけでなく、出版業界に興味のある方の参加も歓迎します。

日時

2018年1月20日(土)16:00~21:00(開場 15:00)

会場

学芸出版社 3階ホールおよび2階オフィス
(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)

定員

50名

会費

無料

登壇者
(敬称略)

松本崇 (みささぎ一級建築士事務所)、井口夏実 (学芸出版社)

申込み

下記ホームページの申込フォームよりお申し込みください。

プログラム

16:00~17:00 社内見学会(2階オフィス他)
17:30~19:00 松本崇さん講演会+編集室長との対談(3階ホール)
19:30~21:00 懇親会(実費)

主催

株式会社 学芸出版社

詳細

http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1801openoffice/index.htm