モダニストの日本美 石元泰博「桂」の系譜
概要

米国に生まれ、日米で活躍した写真家、石元泰博(1921-2012)の代表作「桂離宮」のシリーズは、モダニストの視点で日本の古典建築を捉えた現代写真の金字塔とされています。日本の伝統のなかに最先端のモダンな美を見出す、こうした視点は昭和初期からありました。本展では、欧米を巡回して好評を得た石元の「桂離宮」シリーズ50点とともに、日本的なものとモダニズムとの間に親近性を見出したアーティストやデザイナーたち、三岸好太郎、長谷川三郎、イサム・ノグチらの作品や資料を合わせて展示し、その系譜をたどります。

会期

2018年1月4日(木)~3月4日(日)

時間

午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日は休館(ただし、祝日の場合は開館し、翌日休館します。)

会場

三重県立美術館(三重県津市大谷町11番地)

アクセス

http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/55008038084.htm

観覧料

一般900(700)円  学生700(500)円  高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体割引料金

関連イベント

ミニ・シンポジウム「モダニズムと日本的なもの」
日時:2018年2月3日(土)14:00~16:00
会場:三重県立美術館 講堂
内容:<Part 1 報告>
   速水 豊(三重県立美術館館長)
   「モダニストの日本美 石元泰博「桂」から振り返る」
   谷口英理(国立新美術館 美術資料室長)
   「前衛美術と日本的なもの―長谷川三郎を中心に」
   梅宮弘光(神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授)
   「建築・デザインのジャパニーズ・モダンとジャポニカ・スタイル」
   <Part 2 パネル・ディスカッション>
   上記3名のパネリストによる
*聴講無料 事前申し込み不要 参加希望の方は講堂にお集まりください

ギャラリー・トーク(学芸員による解説)
日時:2018年1月13日(土)、1月27日(土)、2月10日(土)、2月24日(土)14:00~
会場:三重県立美術館
*聴講無料 要観覧券 参加希望の方は展示室入口にお集まりください

主催

三重県立美術館|http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/index.shtm

問合せ

三重県立美術館 担当:貴家(さすが)、速水(はやみ)
電話:059-227-2227 FAX:059-223-0570
Email:sasuge00@pref.mie.jp[貴家]