地盤特性から考える住宅づくり「地震eye(TM)勉強会」
概要

地震eye™は、個別宅地の揺れやすさがわかります。揺れやすさがわかることで、平時(地盤調査)と有事(地震動)を合わせての地震対策を検討することができます。現状の地盤対策(地盤調査、地盤改良、地盤補償)では、地震対策とは言い切れず、民法改正による説明責任のリスクに対し、具体的な地盤対策及び対策しない場合の理由も明確にする必要があるといえます。住宅建築会社様のビジネスリスクをビジネスチャンスに活かす機会とする勉強会の内容ですので、ぜひご参加ください。

開催場所・日程

東 京 2017年10月24日(火)
熊 本 2017年10月26日(木)
福 岡 2017年10月27日(金)
名古屋 2017年11月7日(火)
大 阪 2017年11月8日(水)
金 沢 2017年11月9日(木)
仙 台 2017年11月14日(火)

時間

各回13:00~14:30

対象

全国の工務店様、 ハウスビルダー様、 住宅インスペクション会社様、耐震工事会社様、
リフォーム会社様、 建築士の皆様、 宅地開発会社様、 造成会社様、 など住宅建築に関わる事業者様

参加費

3,000円

申込方法

下記申込サイトよりお申し込みください。事前登録無料。
https://jibannet.co.jp/apply/

プログラム
(敬称略)

第1部:今、 なぜ微動探査が必要なのか
    (地盤ネット総研 事業企画本部本部長 服部元宣)
第2部:地盤の揺れやすさがわかる“地震eye”に基づく住宅づくり
    (地盤ネット総研 取締役 地盤耐震事業本部副本部長 横山芳春)

問合せ

地盤ネット総合研究所株式会社開発統括本部地盤耐震事業本部
TEL:03-3217-1128 FAX:03-3217-4128 MAIL:info@jiban-soken.co.jp

詳細

http://bit.ly/2hEWU7c