建築ジャーナル討論シリーズ「建築批評は死んだか」vol.1
「ポスト資本主義と建築」
概要

新国立競技場、築地市場の豊洲移転と、このごろなんだか、建築は疎まれている。それどころか、時に憎悪の対象となってしまうのはなぜなんだろう。経済の歴史にもとづいて、これからの建築を解き明かす、建築界始まって以来の大対談。
間に入るは建築理論とカルチャーで若い世代の支持厚い五十嵐太郎。聴き逃す手はない。建築の、明日はどっちだ!

テーマ

①「『資本主義の終焉』―建築の変わる時」
②「新国立競技場、築地移転…3.11以後、建築家として考えたこと」

登壇者
(敬称略)

<対談>
水野和夫(経済学者)×伊東豊雄(建築家)

<司会進行>
五十嵐太郎(建築史家)

日時

2017年8月22日(火)19:00~21:00(開場18:30)

会場

安与ホール(東京都新宿区新宿3丁目37番11号 安与ビル7F)

アクセス

http://www.yasuyo-hall.com/access

定員

64名(お申込み順)

会費

2,000円(『建築ジャーナル』購読者1,500円)

申込方法

下記パンフレットの必要事項を記入の上、FAX(03-3861-8205)またはメール(info@kj-web.or.jp)にてお申し込みください。

主催

建築ジャーナル

詳細

facebook:https://www.facebook.com/events/511870445833492/
パンフレットPDF:http://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/evt20170808-1.pdf