国際北陸工芸サミット「工芸ハッカソン」
テーマ

“工芸を未来につなげられるか?”
~金工と漆芸編~

ライフスタイルの変化、後継者不足、さまざまな困難に直面する日本の工芸。グローバル資本主義社会に生きる私たちにとって、非効率的な手仕事はもはや失ってもよい不要なものでしょうか? 工芸の「保存」ではなく、活きた産業になり得るのでしょうか? 富山県高岡市には、金属工芸や漆芸の技と心意気を400年以上受け継ぎ、今も奮闘している多くの職人・作家がいます。今回は、この高岡の地で、工芸がこれまで出会ったことのない異分野の方たちとの対話を通じて、その価値や課題をあらためて探ります。異分野の方たちにとっては、古くて新しい価値観や技術に出合う機会。広く日本のクリエイティブにとっても未来の革新につながるコラボレーションの創出を目指します。

開催日

DAY1・DAY2|2017年 9月23日(土)・24日(日)
DAY3・DAY4|2017年11月18日(土)・19日(日)

開催地

富山県高岡市

対象者

富山県内の職人や工芸作家および国内のクリエイター、アーティスト、エンジニア、プログラマー、科学者・研究者 など

参加費

無料(開催地までの旅費および宿泊費は主催者が負担)

応募方法

下記ホームページの専用応募フォームから必要事項を記載のうえご応募ください。

賞・特典

①最優秀賞[1組]30万円、特別賞[1組]10万円
②巡回展示:高岡市・富山市・魚津市(2018年1月~2月)

応募締切

2017年8月27日(日)

審査員
(敬称略)

石橋 素(エンジニア / アーティスト / ライゾマティクス 取締役)
林 千晶(ロフトワーク 共同創業者 代表取締役)
菱川勢一(映像作家 / 写真家 / 演出家 / 武蔵野美術大学教授)
高川昭良(高岡市デザイン・工芸センター所長)
高橋正樹(高岡市長)
武山良三(富山大学芸術文化学部 学部長)
能作克治(能作 代表取締役社長)

関連情報

国際北陸工芸サミットhttps://kogeisummit.jp/

主催

富山県

共催

高岡市

企画・運営

(有)エピファニーワークス

詳細

https://kogeisummit.jp/hackathon/