日本の家 1945年以降の建築と暮らし
概要

本展は日本の建築家56組による75件の住宅建築を、400点を超える模型、図面、写真、映像などを通して紹介する壮大な試みです。時系列ではなくテーマごとの展示になっているので、「日本の家」の特徴を深く理解いただけます。
2016年秋からローマ、ロンドンを巡回し、いよいよ東京で開幕します。

会期

2017年7月19日(水)~2017年10月29日(日)

開館時間

10:00~17:00(金・土曜は10:00~21:00)
※入館は閉館30分前まで

休館日

月曜(9/18、10/9は開館)、9/19(火)、10/10(火)

会場

東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
(千代田区北の丸公園3-1 )

アクセス

http://www.momat.go.jp/am/visit/

観覧料

一般1,200(900)円
大学生800(500)円

  • ( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
  • 高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。
  • キャンパスメンバーズ加入校の学生は、学生証の提示で割引料金500円でご鑑賞いただけます。
  • 本展の観覧料で入館当日に限り、「MOMATコレクション」(4-2F)、「彫刻を作る/語る/見る/聞く―コレクションを中心とした小企画」(2Fギャラリー4)もご覧いただけます。
  • 使用済み入場券で、入館当日に限り再入場が可能です。
5時から割引 :
金・土曜の17 時以降は、割引料金(一般 1,000 円、大学生 700 円)でご覧いただけます。
リピーター割引:
本展使用済み入場券をお持ちいただくと、2 回目以降は特別料金 (一般 500 円、大学生 250 円)でご覧いただけます。
主催

東京国立近代美術館、国際交流基金

企画協力

MAXXI国立21世紀美術館、バービカン・センター

協賛

積水化学工業株式会社

協力

トヨタホーム東京株式会社、ミサワホーム株式会社、新建築社、日本航空、川上産業株式会社

詳細

http://www.momat.go.jp/am/exhibition/the-japanese-house/