タクティカル・アーバニズム・スタジオ2017
TACTICAL URBANISM Studio 2017
概要

タクティカル・アーバニズムの作法 ~パブリックスペース活用における戦術とアプローチ~
これまでの都市計画・都市デザインの手法は、ビジョン・計画から始まり、ハード整備をすることが主眼でした。しかし、本質的に価値ある、人に使われるパブリックスペースをつくるには、実験的アクションから検証しながら進めるプロセスが欠かせません。米国を中心に近年注目される「タクティカル・アーバニズム」にそのヒントがあると考える。日本でもパブリックスペース活用の検証を行う社会実験事例が増加し、その適用性が注目されます。
本講座は、タクティカル・アーバニズムの考え方や戦術などを講師によるレクチャーとグループワークから学び、モデル敷地で実験プログラム、アクティビティ調査を企画、実践を行い、タクティカル・アーバニズムの作法を学びます。

対象

タクティカル・アーバニズムについて勉強あるいは実践したい方(民間、市民、行政、研究者、学生問わず)及び本講座に関心のある方

場所

日本都市計画家協会
(千代田区神田小川町2-10 香取ビルアネックス2階)

アクセス

http://www.jsurp.net/ja/access/

受講料

全5回 一般15,000円/学生5,000円

制作費

一人5,000円
※タクティカル・アーバニズムアクションの制作時材料に使用します。 各回では、グループに分かれ、アクションの企画検討を行います。

定員・申込み

各講座定員25名を予定しています。申し込み締め切り日をご確認のうえ、お早めのお申し込みを御願いします。
申込締切日:2017年5月12日(金)

カリキュラム

第1回 5月23日(火)19:00−21:00+交流会
「タクティカル・アーバニズムの概念とプロセスを学ぶ」
講師:荒井詩穂那/(株)首都圏総合計画研究所
   泉山塁威/東京大学先端科学技術研究センター助教

第2回 6月13日(火)19:00−21:00
「経験者から学ぶタクティカル・アーバニズム」
講師:天野裕/岡崎まち育てセンター・りた事務局長/チーム・おとがワ!ンダーランド事務局

第3回 6月26日(月)19:00−21:00
「デザインから学ぶタクティカル・アーバニズム」
講師:水野大二郎/慶應義塾大学環境情報学部准教授/DESIGNEAST実行委員

第4回 7月3日(月)19:00−21:00
「アクティビティ調査手法とまとめ方」
講師:三浦詩乃/横浜国立大学都市イノベーション研究院助教
   泉山塁威/東京大学先端科学技術研究センター助教

アクション 7月
※日程及び場所は、受講生にお知らせいたします。
「タクティカル・アーバニズムのアクションとアクティビティ調査の実践」

第5回 7月25日(火)19:00−21:00+交流会
「パブリックスペース改善提案-グループ成果発表と講評-」
講評:藤井宏章/NPO法人大丸有エリアマネジメント協会事務局長/三菱地所開発推進部 ※敬称略

プロデューサー
講師

荒井 詩穂那((株)首都圏総合計画研究所研究員/ソトノバ副編集長)
泉山 塁威 (東京大学先端科学技術研究センター助教/ソトノバ編集長/ アーバンデザインセンター大宮ディレクター/
      NPO日本都市計画家協会理事)
三浦 詩乃 (横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院助教/ ソトノバ・ストリートリサーチャー)
天野 裕  (岡崎まち育てセンター・りた事務局長/ チーム・おとがワ!ンダーランド事務局)
水野 大二郎(慶應義塾大学環境情報学部准教授/DESIGNEAST実行委員) ※敬称略

関連イベント

「タクティカル・アーバニズムのはじめ方」ソトノTABLE#17(JSURPまちづくりカレッジスピンオフ企画)
日時:2017年6月7日(水)19:00-22:00
会場:好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」(東京都世田谷区代沢5-31-8)
講師:笠置秀紀、宮口明子/ミリメーター(mi-ri meter)
申込:http://sotonoba.place/sotonobatable17
※ソトノバTABLE#17は、JSURPまちづくりカレッジ(タクティカル・アーバニズム・スタジオ)受講生は、無料で受講できます。また、ソトノバTABLE#17のみの申込も可能です。

主催

日本都市計画家協会

詳細・申込み

http://tacticalurbanism.jp/tustudio2017/