ヴァージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』
―時代を超えて生き続けるメッセージ―
概要

1942年にアメリカで出版されたヴァージニア・リー・バートンの絵本『ちいさいおうち』は1954年に日本に紹介されました。20世紀の都市化・工業化による時代の変遷を描き、自然や生命の大切さを伝えるこの物語は、今も世界中で多くの子どもたちに読み継がれています。
彼女は絵本作家としてだけでなく、テキスタイルやグラフィックの世界でも活躍しました。産業革命に湧くアメリカ社会の中で失われつつあった、クラフトワークや日常の生活の中から生まれる素朴なデザインを大切にしたい、とバートンが中心となって立ち上げた芸術集団、フォリーコーブ・デザイナーズは、全米において一世を風靡し、その作品は大手デパートや、展覧会で次々に称賛を浴びました。
精力的にその才能を開花させたバートンの生涯を追い、彼女が残した絵本のための原画やスケッチ、またフォリーコーブ・デザイナーズで制作したテキスタイルやペーパーワークの作品を紹介しながら、創造と発想の源泉に触れたいと思います。

会期

2017年6月1日(木)~ 2017年8月9日(水)
※日曜・祝日休館

開館時間

10:00~18:00(最終日は~17:00)

会場

Gallery A4
(東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1F)

アクセス

http://www.a-quad.jp/about/information.html

入館料

無料

展示概要
  • ヴァージニア・リー・バートンの生涯と絵本の紹介
  • 絵本原画、ダミーブック(試作絵本)、スケッチブック、エスキース、リノリウムの原版、テキスタイル
  • ケープアンの街、バートンの暮らした家やアトリエを写真により紹介
  • フォリーコープ・デザイナーズの手仕事の紹介
  • アリスティデス・デメトリアス氏(彫刻家 / バートンの長男)のインタビュー映像 他
関連イベント

■シンポジウム「バートンの残したもの」
日 時:2017年6月15日(木) 18:30-20:00(18:00より受付開始)
会 場:竹中工務店東京本店2階Aホール
講 師:アリスティデス・デメトリアス氏(彫刻家/バートンの長男)
    松岡享子氏(翻訳家、児童文学研究者)
    宮城正枝氏(元倉敷市立短期大学非常勤講師/ヴァージニア・リー・バートン研究家)
定 員:100名 要事前申込(※先着順)
参加費:無料

■シンポジウム「『せいめいのれきし』と恐竜のおはなし」
日 時:2017年6月29日(木) 18:30-20:00(18:00より受付開始)
会 場:竹中工務店東京本店2階Aホール
講 師:福岡伸一氏(生物学者/青山学院大学教授)
    真鍋真氏(国立科学博物館 標本資料センター・ディレクター/分子生物多様性研究資料センター・センター長)
定 員:100名 要事前申込(※先着順)
参加費:無料

<申込み>
下記イベントページの送信フォームよりお申し込みください。
http://www.a-quad.jp/exhibition/event.html

※その他、ワークショップなどについては、詳細が決まり次第、公式サイトでお知らせいたします。

主催

公益財団法人竹中育英会

共催

公益財団法人ギャラリーエークワッド

協力

ケープアン・ミュージアム、ミネソタ大学、公益財団法人東京子ども図書館

問合せ

ギャラリーエークワッド事務局
TEL:03-6660-6011 E-mail:gallery@a-quad.jp
WEB:http://www.a-quad.jp/index.html

詳細

http://www.a-quad.jp/exhibition/exhibition.html