日本、家の列島-フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン-
概要

あなたは今をときめく、日本で注目の建築家に家を建ててもらいたいと思ったことはありますか?
厳しい制約や難しい条件のもとでも、必ず答えをかたちにしてくれるのが建築家。しかもユニークで新鮮な造形のなかには、日本ならではの感性と住まいの伝統が息づき、あなたの理想の生活を実現してくれるでしょう─そんなメッセージをひそませて、パリやブリュッセル、アムステルダムなどの各都市でヨーロッパの人々を驚かせた、注目の展覧会の巡回帰国展です。
企画を実現させたのは写真家のジェレミ・ステラに加え、建築家のヴェロニック・ウルスとファビアン・モデュイ、日本在住30年のマニュエル・タルディッツの4人のフランス人。彼らは日本の近現代の住宅建築から優れた作品を複眼的な視点で独自に選定し、提示しました。
戦後社会の成長の一翼を担ってきた日本の住宅建築─この展覧会は多数の魅力的な写真や映像、ドローイング、スケッチ、模型を展示し、それら歴史的な名作住宅から最近の秀作まで約70作品をご紹介します。またゲストアーティストに坂口恭平が加わり、彼の頭の中に建ち拡がる街と家のイメージを、極細ペンで表したドローイングが展示されます。
日本、家の列島─ここには、家の数だけ新しい生活と幸せがあります。ぜひごらんください。

開館期間

2017年4月8日(土)~6月25日(日)

開館時間

10:00~18:00(ご入館は17:30まで)

休館日

水曜日(ただし5月3日は開館)

会場

パナソニック 汐留ミュージアム
(東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック 東京汐留ビル4階)

アクセス

https://panasonic.co.jp/es/museum/access/

入館料

一般:800円、65歳以上:700円、大学生:600円、中・高校生:200円 小学生以下無料

  • 20名以上の団体は100円割引。
  • 障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
  • 5月18日(木)国際博物館の日は、全ての方が無料です。
関連イベント
(敬称略)

■展覧会記念講演会「ここがすごい!ニッポンの住宅建築」
<出演>
伊東豊雄(建築家)
<モデレーター>
五十嵐太郎(東北大学教授)
<本展企画協力メンバー>
ヴェロニック・ウルス、ジェレミ・ステラ、 マニュエル・タルディッツ、ファビアン・モデュイ
日時 :4月8日(土) 13:30~15:00(開場13:00)
会場:パナソニック東京汐留ビル5階ホール
定員:150名(要予約)
申込:下記詳細ページにてご確認ください。
※参加無料(本展の観覧券が必要です)

■本展参加建築家によるギャラリートーク
日程:下記詳細ページにてご確認ください。
時間:各15:00~16:00
※ 展覧会場内、予約不要、参加無料(本展の観覧券が必要です)

■坂口恭平によるドローイング公開制作
日時:4月16日(日)11:00~16:00
※展覧会場内、予約不要、参加無料(本展の観覧券が必要です)

■学芸員によるギャラリートーク
日時:4月23日(日)、5月26日(金)各14:00~
※展覧会場内、予約不要、参加無料(本展の観覧券が必要です)

<家にちなんだ日限定、もれなくプレゼント!>
みかんぐみによる本展限定の特製「おうちのペーパークラフト」を、家にちなんだ4月11日(火)【よいいえ】、4月16日(日)【よいルーム】、4月18日(火)【よいハウス】、5月8日(月)【ごはん】、5月26日(金)【おふろ】にご来館下さった皆様に差し上げます。 (お一人様一枚)

▼イベント詳細ページ
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/170408/#exhibition-detail-event

主催

パナソニック 汐留ミュージアム、朝日新聞社

後援

在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、国際交流基金、在日フランス商工会議所
一般社団法人日本建築学会、公益社団法人日本建築家協会、港区教育委員会

企画協力

ヴェロニック・ウルス(建築家)、ジェレミ・ステラ(写真家)
マニュエル・タルディッツ(建築家)、ファビアン・モデュイ(建築家)

会場構成

みかんぐみ

詳細

https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/170408/