ARKHITEKTOME/アルキテクトーム 2015展
概要

慶応義塾大学SFC松川昌平研究室で研究開発中の建築生成システムを膨大な図面と映像を用いて展示します。

会期

2015年10月23日(金)~11月17日(火)
10:00~18:00/開廊中無休

会場

プリズミックギャラリー
〒107-0062 東京都港区南青山4-1-9 秋元南青山ビル1階
※東京メトロ銀座線「外苑前」駅より徒歩5分
TEL:03-5770-3071
Facebook:http://www.facebook.com/pages/PRISMIC-GALLERY/448224881873538

入場料

無料

同時開催

▼ギャラリートーク
10月31日(土)18:00 - 20:00 ゲスト:渡辺誠 氏
11月07日(土)18:00 - 20:00 ゲスト:難波和彦 氏
参加費:500円(ワンドリンク)/定員:40名

出展

松川 昌平 Shohei Matsukawa
1974年石川県生まれ。98年東京理科大学工学部建築学科卒業。99年000studio設立。2009-11年文化庁派遣芸術家在外研修員および客員研究員としてハーバード大学GSDに在籍。12年-慶応義塾大学環境情報学部専任講師。15年同大学准教授。

慶応義塾大学松川昌平研究室
建築の計算(不)可能性が研究室のテーマ。建築に関連するあらゆる設計プロセスをコンピュータ・アルゴリズムへと書き下すことによって、建築の計算可能性を探究する。その計算可能性を突き詰めることで、人間にしかできないことや設計者がすべきこと、つまり建築の計算「不」可能性を事後的に浮かび上がらせるのが目的。

詳細

http://www.prismic.co.jp/gallery/