建築のこころ アーカイブにみる菊竹清訓展
概要

建築家菊竹清訓は、生涯を通じてその代表的な論考「代謝建築論」を礎に置いて、精力的な建築活動を行い、東日本大震災のあった2011年の12月に、享年83歳で他界しました。日本から世界へ向けて発信され、大きな影響力をもったメタボリズムグループの建築家の、中心的なメンバーの一人として、今日なお注目され続けています。
本展ではその活動を振り返り、原図や当時の写真、スケッチやメモ、模型などの建築資料を次の4つの視点から紹介し、生活環境の問題と格闘し、生涯を建築家として生きた菊竹の根底にあった大胆な発想や思想の原点に触れたいと思います。

会期

2014年10月29日(水)- 2015年2月1日(日) 10:00~16:30
〔休館 2014/11/1、12/29~2015/1/3〕

会場

文化庁 国立現代建築資料館
(東京都文京区湯島4-6-15 Tel.03-3812-3401)

アクセス

http://nama.bunka.go.jp/acces.html

入場料

▼展覧会のみ閲覧
事前申込の上、湯島地方合同庁舎正門よりご入館できます。入館無料。

▼都立旧岩崎邸庭園と同時観覧
都立旧岩崎邸庭園からも御入館できます。事前申込は不要です。
旧岩崎邸庭園の入園料(一般)400円が必要です。

関連イベント

▼シンポジウム
日時:2014年11月30(日) 13:00-16:15
会場:早稲田大学 大隈大講堂(東京都新宿区戸塚町1-104)
[Session1]「菊竹清訓のこころ」13:00-14:30
[Session2]「現代・未来への挑戦」14:45-16:15
出演者:伊東豊雄、内藤廣、中谷礼仁、原田敬美、古谷誠章、穂積信夫、松隈洋
※出演者は都合により変更する場合がござます。詳細はホームページでご確認ください。
申込み方法:当日先着順(定員:1200名)
問合せ先:早稲田大学創造理工学部建築学科(担当:斎藤信吾) exhibition@furuya.arch.waseda.ac.jp

▼ギャラリートーク
会期中に菊竹清訓建築設計事務所元所員等によるギャラリートークを実施します。
詳細はホームページでご確認ください。

詳細

http://nama.bunka.go.jp/kikak/kikak/1410/

主催

文化庁

協力

株式会社 菊竹清訓建築設計事務所/公益財団法人 東京都公園協会

制作協力

早稲田大学/菊竹清訓展実行委員会