第2回 フェーズフリー住宅デザインコンペ2018
概要

私たちが生活を送る『平常時』と『災害時』という2つの時間=『Phase』について、この2つを分けることをやめてみると見えてくるものがあります。それは、防災のための特別な家ではなく、普段の暮らしが豊かで快適、かつ災害の際にも役に立つ住まい。住まい手が意識せずとも「いつもの暮らしがもしもの支えになる」。これからの住宅の在り方を考えたフェーズフリーな住まいを幅広く募集します。

テーマ

いつもの暮らしを、もしもの支えに。
「平常時」でも「災害時」でも安心して暮らせる住まい

審査員
(敬称略)

(建築設計)三井所清典・(防災工学)目黒公郎・(人間工学)松崎元
フェーズフリー建築協会理事・フェーズフリー総合研究所

賞・賞金

部門1
三井所清典賞 /1点 10万円
目黒公郎賞 /1点 10万円
松崎元賞 /1点 10万円
フェーズフリー建築協会賞 /1点 10万円
部門2
総額10 万円

スケジュール

登録期間
2018年1月17日(水)~3月11日(日)
作品受付期間
2018年3月11日(日)~4月14日(土)
当日消印有効、送付のみ受付。持参は不可。
審査
2018年6月予定
審査結果発表
2018年7月12日(木)

部門1

【住宅設計アイデア】

  • 設計条件
    あなたの考えるフェーズフリーな住宅を提案して下さい。
    居住者・構造条件・敷地条件:自由設定とする。
    建築規模:200㎡を超えないこと。
    建築地:郊外・都市を問いません。
    竣工物件の応募も可能です。
  • 応募資格
    個人、グループ、年齢、国籍、資格を問わず、国内外において、設計・デザイン活動を行っているもの、またはそれらを専攻している学生とします。複数点の応募も可能です。
  • 提出物
    エントリーシート1枚 
    作品A3サイズ(297㎜×420㎜)片面横使い2枚
    1. タイトル・コンセプト
    2. 図面(※平面図は必須)・パース・模型写真等で、平常時と災害時の提案内容を分かりやすく表現して下さい。
部門2

【フェーズフリーな住まい方提案】

  • 設計条件
    住まいのインテリア・エクステリア・プロダクト・システムなどで、フェーズフリーな住まい方を提案して下さい。
  • 応募資格
    個人、グループ、年齢、国籍、資格を問わず、応募可能です。複数点の応募も可能です。
  • 提出物
    エントリーシート1枚 
    作品A3サイズ(297㎜×420㎜)片面横使い1枚
    1. タイトル・コンセプト
    2. 写真・スケッチ・文章等で、提案内容を分かりやすく表現して下さい。
       平常時と災害時における使用シーンや、使い方の説明を含めて下さい。
応募登録

下記登録フォームより登録してください。
http://phasefree-a.or.jp/compe2018/touroku

主催

特定非営利活動法人フェーズフリー建築協会

提出・問合せ先

〒311-0034
東京都文京区湯島3-31-1 ストーク湯島4F
特定非営利活動法人 フェーズフリー建築協会
「フェーズフリー住宅デザインコンペ2018」係
Email:info@phasefree-a.or.jp

詳細

http://phasefree-a.or.jp/compe2018