第2回 CERAMIC LIFE DESIGN AWARD 2018
テーマ

セラミックの可能性
「くらしを彩るキッチン」

単に「キッチン」といっても、食や調理をとりまく場として、その範囲は広く捉えることができます。
セラミック素材への置き換えに留まらず、セラミック本来の特長を活かした柔軟な観点と新たな提案を募ります。デザインがもたらす暮らしを豊かにするパワーを有し、心躍るライフスタイルを演出するようなキッチン関連の素敵な作品が集まることを期待しています。

応募受付期間

■第1次審査用応募受付期間
 2018年2月1日(木)~2018年2月28日(水)23:59まで

■第2次審査用応募受付期間
 2018年8月24日(金)2018年9月7日(金)※第1次審査通過者のみ

応募方法

下記公式サイトのエントリーフォームよりご応募ください。

応募資格
  • 日本国内に居住する個人またはグループ
  • 年齢、国籍は問いません。但し、CLDA2018開催期間(2018年2月1日(木)〜2019年3月31日)に日本国内に在住、または滞在していること。
応募点数

応募者1名または1グループにつき2作品まで応募可です。

応募作品

■第1次審査

  1. 応募者情報:氏名、連絡先、所属など
  2. 作品情報:タイトル、コンセプト(400字以内)、寸法
  3. 作品画像:アイデアスケッチ、イラスト、三面図、モデルまたは実物など、1作品につき3枚以内

■第2次審査

  1. プレゼンテーションパネル1枚(A1サイズ・縦)及びパネル電子データ
  2. プロトタイプまたは実物(動画などの補足資料も添付可)
審査員
(敬称略)

■第1次審査
 浅井裕雄(建築家、裕建築計画代表)
 後藤規文(有限会社後藤デザインオフィス 代表取締役、プロダクトデザイナー)
 田上知之介(愛知県立芸術大学 准教授、セラミックデザイナー)
 萩原 修(明星大学デザイン学部 教授、デザインディレクター)
 日野明子(クラフトバイヤー)

■第2次審査
 阪本やすき(白山陶器株式会社 デザイン部長、陶磁器デザイナー)
 長井千春(愛知県立芸術大学 准教授、セラミックデザイナー)
 ナガオカケンメイ(デザイン活動家、京都造形芸術大学教授、武蔵野美術大学客員教授)
 中村好文(建築家、家具デザイナー)
 宮脇伸歩(株式会社LIXIL LHTデザインセンター チーフデザイナー、プロダクトデザイナー)

結果発表

2018年9月下旬 ホームページ上で発表いたします。

表彰式
日程:2018年11月(予定)
会場:yamagiwa tokyo(東京都港区青山2−27−25 オリックス南青山ビル9階)
作品展
<東京展>
日程:2018年11月(予定)
会場:yamagiwa tokyo(東京都港区青山2−27−25 オリックス南青山ビル9階)
<名古屋展>
日程:2019年1月(予定)
会場:yamagiwa nagoya(名古屋市中村区名駅4-23-9 MARUWA名駅ビル3階)
問合せ

CERAMIC LIFE DESIGN AWARD 開催委員会事務局(担当:土井、榊原)
〒480-1194 愛知県長久手市岩作三ケ峯1-114 愛知県立芸術大学内
MAIL:ceramic-lda@mail.aichi-fam-u.ac.jp
TEL・FAX:0561-76 -3700(10:00~16:00)
※応募要項に関する質問はE-mailにてお問い合わせ下さい。

主催

CERAMIC LIFE DESIGN AWARD 開催委員会(一般財団法人神戸財団、愛知県立芸術大学)

公式サイト

http://ceramic-life-design-award.jp/award