医療福祉建築賞2017
趣旨

医療福祉建築賞は、優れた医療福祉建築を顕彰し、それを広く世に知らせることによって、これらの施設の質の向上をはかることを目的として定めるものである。
優れた医療福祉建築とは、建築として質が高いことに加えて、利用者側ならびに職員側にとって快適で使い勝手がよいことを条件とする。すなわち中身と器が調和し、いずれにおいても優れていることを意味するものとする。

対象

顕彰の対象となる施設は、平成25年(2013年)4月1日から平成28年(2016年)3月31日までの3年間に日本国内において新築、増改築または改修を行なった医療・福祉・保健施設ならびにその関連施設とする。なお、上記条件に合致する限りにおいて、前回に応募し選外となった作品の応募もさしつかえない。

応募資格

応募者は、当該施設の開設者または管理者、設計者のどちらでもよい。ただし、選考委員または委員の所属する組織が計画・設計・運営に関与している施設は応募できない(当該施設は委員の任期終了後に応募することができる)。

提出資料
  1. 所定の応募申込書ならびに建築概要書
  2. 設計主旨
  3. 図面 配置図・平面図・断面図など、大きさはA3版。
  4. 写真 15葉程度とし、周辺環境がわかるものを含むこと。また、室内については家具・機器等が設置されているものとする。

上記1.~4.をA3版クリアファイル1冊におさめて提出のこと。なお、それらをPDF化しCD等に収めたデータを同時に提出のこと。ただし、本会会誌『医療福祉建築』(旧『病院建築』)に掲載されたものについては、2.~4.について当該誌の提出をもってこれに替えることができる。この場合でも『医療福祉建築』に掲載分も含めてデータを提出のこと。
※応募申込書・募集要項等は、下記ホームページよりダウンロードください。

応募期日

平成29年8月17日(木)~同年8月31日(木)まで。当日消印有効。

提出先

一般社団法人 日本医療福祉建築協会
住所 〒108-0014 東京都港区芝5-26-20 建築会館
TEL:03-3453-9904 FAX:03-3453-7573

応募料

1作品につき64,800円(税込)

選考委員
(敬称略)

委員長 :筧 淳夫 (工学院大学 建築学部 教授)
委 員 :伊藤 正 (鹿島建設㈱ 医療福祉推進部 部長)
委 員 :伊藤恭行 (名古屋市立大学 芸術工学研究科 教授)
委 員 :岡本和彦 (東洋大学 理工学部 准教授)
委 員 :武村雪絵 (東京大学大学院医学系研究科 准教授)
委 員 :正木義博 (社会福祉法人恩賜財団済生会支部 神奈川県済生会支部長)
委 員 :三浦 研 (京都大学大学院 工学研究科 教授)

公表

選考の結果は平成30年3月末日までに応募者に通知するとともに、別途本会会誌に公表する。

主催

一般社団法人日本医療福祉建築協会

後援

厚生労働省(予定)

詳細

http://www.jiha.jp/prize.html#youkou