京都市立芸術大学及び京都市立銅駝美術工芸高等学校
移転整備工事設計業務委託プロポーザル
趣旨

京都市立芸術大学(以下「京都芸大」という。)は、建学以来140年にわたり、国内外の芸術界や産業界で活躍する人々を輩出し、文化芸術の発展に貢献してきました。
これまでの質の高い芸術教育を継承しながら、現在の京都芸大の抱える課題を解決し、京都芸大が世界に向けて一層の飛躍を果たすとともに、「市民に愛され,誇りに思っていただける大学」として、京都のまちとともに発展していくよう、京都の玄関口であるJR京都駅東部エリアへの移転整備を進めることとしています。
また、京都芸大と同じく、明治13年に日本初の公立の絵画専門学校として開設された「京都府画学校」を起源とする、京都市立銅駝美術工芸高等学校(以下「銅駝美工」という。)についても、学校施設の充実や多様化するニーズに応える美術教育活動の展開、高大連携の推進等の効果が期待できることから、京都芸大と共に同敷地に移転整備することとしています。
京都市では、この移転整備によって、この地域が、文化芸術創造の“火床”となり、「文化芸術都市・京都」の新たなシンボルゾーンとなることを目指しています。
この度、大学・高校・地域など多様な使い手との対話を重視するとともに、世界へ飛躍する京都芸大及び銅駝美工の新たなキャンパスに関する創造性あふれる提案力を持つ設計者を広く募るため、公募型プロポーザル方式による設計者選定を実施します。

主な設計業務

(1)京都芸大の建築及び設備工事基本設計・実施設計
(2)銅駝美工の建築及び設備工事基本設計・実施設計
 ※京都芸大及び銅駝美工が移転する新キャンパス全体を一括して行う。
 ※詳細は下記公式HPの設計業務委託仕様書(PDF)による。

履行期間

契約の日の翌日から平成32年3月31日(火)まで

選定委員

奥田 正治(崇仁自治連合会会長)
 奥 美里(京都市行財政局参事、文化市民局参事)
木下 庸子(工学院大学教授、設計組織ADH代表)
妹島 和世(横浜国立大学大学院Y‐GSA教授、株式会社妹島和世建築設計事務所代表)
坂東 幸輔(京都市立芸術大学環境デザイン専攻講師)
門内 輝行(委員長/京都大学名誉教授、大阪芸術大学建築学科長・教授)
鷲田 清一(京都市立芸術大学学長) ※敬称略・五十音順

参加資格・手続等

下記公式HPの募集要項(PDF)をご参照ください。

スケジュール

■移転予定地及び現施設見学会
申込み:平成29年5月18日(木)17:00まで
開催日:平成29年5月22日(月)
■公募に関する問い合わせ期限
平成29年5月25日(木)17:00まで
■参加表明書・第一次審査書類の提出期限
平成29年6月19日(月)17:00まで
■技術提案書の提出期限
平成29年8月14日(月)17:00まで

問合せ

〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地
京都市行財政局総務部総務課京都市立芸術大学移転整備工事設計業務受託者選定委員会 事務局(担当:井上、諏訪)
TEL:075-222-3045 FAX:075-222-3838 E-mail:soumu@city.kyoto.lg.jp

詳細

http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000218852.html