アイカ施工例コンテスト2016

橋本夕紀夫(はしもと・ゆきお) 〔建築家・橋本夕紀夫デザインスタジオ〕/審査委員長

1962年生まれ。東京工芸大学教授、愛知県立芸術大学非常勤講師。
主な作品に 「音音」(新宿)、「BEAMS HOUSE」(丸の内)、「水響亭」(銀座)、 「ビルボードライブ東京」(六本木)、「ザ・ペニンシュラ東京」(日比谷)、「故宮晶華」(台湾・台北)、「ヒルトンニセコビレッジ」(ニセコ)スーパークラフトツリー(東京スカイツリー4F)、インターコンチネンタル大阪(大阪)、ROZILLA(新三田)、東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA(京都)等。
ナショップライティングデザインコンテスト優秀賞、JCD優秀賞、第9回空間デザインコンペティション銀賞、第16回タカシマヤ美術賞ほか、受賞多数。2009年4月商店建築社より「デザイナーショーケースVol.1 Yukio Hashimoto」、2013年12月六耀社より「LEDと曲げわっぱ―進化する伝統デザイン」が刊行。



谷尻 誠(たにじり・まこと) 〔建築家・SUPPOSE DESIGN OFFICE〕/審査委員

1974年 広島生まれ。2000年 建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE設立。住宅、商業空間、会場構成、ランドスケープ、プロダクト、アート分野でのインスタレーションなど、仕事の範囲は多岐にわたる。広島・東京の2ヵ所を拠点とし、共同代表の吉田愛と共にインテリアから住宅、複合施設など国内外合わせ多数のプロジェクトを手がける傍ら、穴吹デザイン専門学校特任講師、広島女学院大学客員教授、武蔵野美術大学非常勤講師、大阪芸術大学准教授なども勤める。近作に「関東マツダ目黒碑文谷店」「安城の家」「BOOK AND BED TOKYO」等。著書に「談談妄想」(ハースト婦人画報社)「1000%の建築」(エクスナレッジ)がある。


山倉 礼士(やまくら・れいじ) 〔月刊商店建築 編集長〕/審査委員

東京生まれ。魅力的な建物やショップを見て歩く楽しさに惹かれ、商店建築社へ。入社後は一貫して月刊『商店建築』の編集に携わり、誌面充実のために日々、新しい店舗やデザインを見て、設計者やオーナーへの取材を行っている。2010年より現職。
『商店建築』は、レストラン、ホテル、ファッションストアなど最新の空間デザインを豊富な写真で国内外に向けて発信する、1956年創刊のストアデザインの専門誌。2015年に創刊60周年を迎えた。