アイカ施工例コンテスト2018

小坂 竜(こさか・りゅう) 〔乃村工藝社 A.N.D.統括エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター〕/審査委員長

1960年東京都生まれ。84年武蔵野美術大学造形学部建築学科を卒業後、株式会社乃村工藝社入社。現、クリエイティブセンター統括エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター及びA.N.D.部長。また、一般社団法人日本商環境デザイン協会副理事長、東京大学大学院工学系研究所建築学科非常勤講師を務める。
「マンダリン オリエンタル東京」のメインダイニング、「新丸ビル」の環境デザイン、「サクララウンジ(羽田空港JAL国際線)」、イギリスの国際的に名誉あるアワード『Restaurant & Bar Design Awards 2014』のバー部門大賞『Best Bar』の日本人初受賞をはじめ、のべ8アワード9つのタイトルを受賞した「W広州FEI」(中国・広州)などを手掛ける。国内外の話題のレストランやホテル、レジデンスのデザインを数多く手掛け、現在は建築からのインテリアまでのデザインなど、更なる活躍の場を拡げている。



家所 亮二(いえどころ・りょうじ) 〔家所亮二建築設計事務所〕/審査委員

1977横浜生まれ。2012にHOUSE PLACE ARCHITECTURE associationを設立し、2014年株式会社家所亮二建築設計事務所に改組。
建築はもちろん、店舗やオフィス内装、空間インスタレーション、アート、家具、プロダクトと多岐にわたり、“ありそうでなかったコトやモノ” “ヒト独自の感覚や感情” にフォーカスしたデザインによって、ヒトの意識や考え方を豊かにしていくことを目指す。
主な作品に『ニクノトリコ』『E Office』『MOMENT KANDA WEST』『MOMENT KANDA WSOUTH』『ピースハウス』『ma ku』『wa ku』など。
主な受賞歴に『IDA DESIGN AWARDS 2016 GOLD』『A'DESIGN AWARD 2017 GOLD』『AMERICAN ARCHITECTURE PRIZE 2017 WINNER』『JCD INTERNATIONAL DESIGN AWARDS 2017 SILVER』『BAMBOO AWARD 2017 GOLD』『FRAME AWARDS 2018 WINNER』『iF DESIGN AWARD 2018 WINNER』他多数。



塩田 健一(しおた・けんいち) 〔月刊商店建築 編集長〕/審査委員

1978年東京生まれ。2005年、商店建築社に入社。
『月刊 商店建築』編集部にて、カフェ特集など毎月各種の店舗取材を担当し、設計者やオーナーへの取材を行う他、『コンパクト&コンフォートホテル設計論』『CREATIVE HOTEL&COMMUNICATION SPACE』などホテルに関する増刊号も制作。2017年より現職。『商店建築』は、レストラン、ホテル、ファッションストアなど最新の空間デザインを豊富な写真で国内外に向けて発信する、1956年創刊のストアデザインの専門誌。